2021年01月23日

脱力系サスペンス映画 2月5日公開『劇場版 殺意の道程』

🎬『劇場版 殺意の道程』住田崇監督/120分/2月5日よりシネリーブル池袋、名古屋伏見ミリオン座他にて全国ロードショー公開

小さな金属加工会社を自営する窪田貴樹(日野陽仁)は不良品を出したという責任を被せられて、多額な負債を抱え、絶望のあまり飛び降り自殺をして命を絶った。

父を自殺に追い込んだのは取引先の社長・室岡義之(鶴見辰吾)だった。室岡は一切罪に問われることなく、まるで他人事のようにその後も裕福な生活を続けていた。貴樹の息子・窪田一馬(井浦新)は室岡への復讐を誓う。それを察した一馬のいとこ・吾妻満(バカリズム)もやるなら一緒にと言ってくれた。

これまで一度も犯罪など考えたことがない二人は、「殺害計画の打合せ」から「必要な物資の買い出し」「殺害実行のシミュレーション」など、信頼できる人たちの協力を得て実行に移して行くが……。

0C797EB9-809C-489E-9EA5-37D44CA38938.jpeg

「架空OL日記」などで脚本家としても評価の高いバカリズムさんが脚本を手がけ、井浦新とともに主演を務めたWOWOWのオリジナルドラマ「殺意の道程」(全7話)の再編集劇場版。

バカリズムさんが主演と脚本で大活躍。もう一人の主演は井浦新さん。二人の相性がいいのか無駄口が多い。始めは無駄口ばかりでどうやってことが進むのか心配した。

殺しの相談場所がやっと決まったのがファミレスのガスト。ミッキーの近くにも5分も歩けばあるところで、注文の品を決める時も長々と無駄口トークだ。しかし、この時のトークがめちゃくちゃ現実的で笑えた。一馬が頼んだのが「ネバトロサラダうどん」

87FA11FB-4C60-417C-B357-BF3E23CE0F9F.jpeg

で早速「もっと力のつくもの食べんと」といとこの満がチャチャを入れ、彼は「肉盛りワイルドプレート ガーリックソース」

21824189-A89C-407E-98DC-2912D395AD3F.jpeg

を食べた。お互いの注文したものを心の声で「俺もあいつのにすればよかった……」などと呟きも入っている。

そんなこんなの連続で先行き不安になるが、その脱力さがだんだんと心地良くなって……、まあ、この続きは劇場で、となるが、意外とこれはデート向けにオススメ。彼女から「この人、意外とセンスあるわぁ」と思われるかも。




posted by ミッキー at 20:50| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする