2021年01月22日

映画館で体験する「世界美術紀行」アート・オン・スクリーン(3))1月29日公開『ピカソがピカソになるまで』

🎬『ピカソがピカソになるまで』フィル・グラブスキー監督イギリス91分1月29日よりTOHOシネマズシャンテ、3月26日より名古屋ミッドランドスクエアシネマ他にて全国順次ロードショー公開

若き日のピカソに大きな影響を与えた都市マラガ、バルセロナ、パリの 三カ所をメインにピカソの人生と描いた絵を詳細に説明、彼が天才に至るまでの道のりをたどるドキュメンタリー。

美術教師の父の影響のもとで技術を学んだ子ども時代、親友の死、愛する女性の出現などの青春期の「青の時代」、彼が 25 歳の時「現代絵画の出発点」といわれている「アヴィニョンの娘たち」と『ピカソがピカソになるまで』はその変化を克明にかつわかりやすく作られている。

1E798402-1D69-4690-AFBB-1476745053D1.jpeg

ピカソが91歳でおなくなりになったのが1973年。3人の歴史的画家の中で一番地球上で私たちと一緒に生きていた方だ。新聞の第一面にピカソが亡くなったニュースが載っていたことを記憶している。

『ピカソがピカソになるまで』は、とてもぴったりな題名で、ピカソほど画風が変わった画家は稀だと、このドキュメンタリーを見て改めて感じた。

★ピカソはギターが好きだったことで、このドキュメンタリーにもふんだんに使われていた。

posted by ミッキー at 13:08| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする