2021年01月21日

映画館で体験する「世界美術紀行」アート・オン・スクリーン(2)1月29日公開『フリーダ・カーロに魅せられて』

昨日、嬉しいことに2020年のベスト映画を2名の方からいただいた。お一人はいつもミッキーよりたくさん見ておられる男性。彼は今年はいつもの三分の一ぐらいしか観ていないから、遠慮したいなどと言ってこられたが、なんとか書いていただいた。もうお一人は養生のために病院内で過ごされているが御子息さんがDVDの環境を整えてくださり、今回はその映画からベスト5を送ってくださった。友人関係のベスト作品発表は3月1日にアップ予定なのでお待ちを。

★もし、このブログを見ていてくださっていて、我こそは❗️と思われた方は是非ともコメントで「2020年ベスト映画希望です」だけ入れてください。形式は自由です。2020年3月1日に2019年のベスト作品が見ることができますので参考にしてください。 
http://mikki-eigazanmai.seesaa.net/article/473818958.html

🎬『フリーダ・カーロに魅せられて』アリ・レイ監督イギリス90分1月29日よりTOHOシネマズシャンテ、2月26日名古屋ミッドランドスクエアシネマ他にて全国順次ロードショー公開。

83212306-A12B-40B6-9921-B182B49C8ADD.jpeg

メキシコを代表する女性画家・フリーダ・カーロ。

フリーダ・カーロといえばひと続きの眉毛で一度みたら忘れられないお顔。2002年公開のアメリカ映画『フリーダ』はサルマ・ハエック主演で忘れられない作品。

このドキュメンタリーではフリーダ・カーロの生家「青い家」の映像と彼女の人生が赤裸々に描かれていた。今でも、こんな生々しい内容、痛みを伴う構図は見たことがない。目に焼きついて当分忘れそうにない。





posted by ミッキー at 10:15| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする