2021年01月09日

1月8日公開映画(2)『スタントウーマン ハリウッドの知られざるヒーローたち』『ミッション・マンガル 崖っぷちチームの火星打ち上げ計画』

🎬『スタントウーマン ハリウッドの知られざるヒーローたち』エイプリル・ライト監督/アメリカ/84分/伏見ミリオン座にて

5F73C8A2-9C91-4775-8030-D1C184700053.jpeg

ハリウッドでは1960年代からスタントウーマンが活躍していて、男性中心の映画界でも最も差別のひどい「スタントウーマン」を追っているドキュメンタリー。

彼女たちはプロ根性が半端ではなく危険をものともせず、監督さんの指示に全力で仕事をしていた。ちょっとでも失敗すると、女だからと言われるのが悔しくて人の何倍も練習して成功させる女たちの努力に頭が下がった。映画史に残るアクションシーンの裏側が見られて大満足した。

🎬『ミッション・マンガル 崖っぷちチームの火星打ち上げ計画』ジャガン・シャクティ監督/インド/130分/ミッドランドスクエアシネマ2にて

2010年にインドの宇宙事業のロケット打ち上げが失敗。責任者のラケーシュ(アクシャイ・クマール)とタラ(ビディヤ・バラン)は火星探査プロジェクトという実現不可能な閑職に異動させられた。

家庭の主婦でもあったタラは家庭での揚げもの料理から小さなロケットでも探査機を火星に送るアイデアを思いつく。それがきっかけで低予算ながらプロジェクト始動が始まったが、集められたスタッフは経験の浅い女性数人と、男性は占い好きの独身男と定年間近なおじさんだった。

FF394862-EA21-4AB6-BD4E-6E663FCA15ED.jpeg

これは実話なので成功するのはわかっていても、本当にこの人たちで成功するのか心細くなった。

製作チームは『パッドマン 5億人の女性を救った男』の方々。ストーリー展開は科学的なことばかりではなく、安くするために工夫したり、時には喜劇のように場面もあって最後まで飽きず見られた。チームに集められた人の家庭環境もサラリと描かれていた。

★最初に字幕になっていない文言が出たが訳されていなかったが何が書いてあったのだろう。

posted by ミッキー at 21:08| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする