2020年12月17日

DVD『抱きたいカンケイ』

今朝は車のボンネットに雪が1センチほど積もっていた。いつもの喫茶店に入るとメガネもくもってしまった。その喫茶店に着く前に1500歩歩いて、帰りにはまた1500歩ほど歩いた。帰ってからすぐに昼ご飯のために残り物野菜のスープを作って、DVD観賞。

DVD『抱きたいカンケイ』アイヴァン・ライトマン監督/アメリカ/2011年

大病院に勤務する医者のエマ(ナタリー・ポートマン)は、仕事に追われて恋愛をする暇のない独身女性。そんなある日、ひょんなことから長年の親友アダム(アシュトン・カッチャー)と肉体関係に。2人は恋愛感情も嫉妬もデートもなしのカラダだけの関係という約束をして続けていたが……。

74CA0619-07BE-4091-8A75-1E9ED7FA36E0.jpeg

軽めのラブコメディー。

エマとアダムの出会いは、今から15年前のサマー・キャンプ。14歳のエマは言い寄って来た男の子アダムを冷たくはねつける。それから何度か偶然の再会をするが、決して恋人にはならなかったといういきさつがあったが、男女の一線を越えてしまう。

それはアダムの元カノのヴァネッサが、人気TVスターの「アダムの父親」といい仲になっていると知ってショックを受けたアダムに、エマの方から「セックス・フレンドにならない?」という提案をする。嫉妬や束縛は厳禁。どちらかが恋したら即カンケイ解消というキツイ条件付きだ。

かわいげがない上から目線のエマ。でも、だんだんエマは本気になっていく自分をどうしたらいいのかとなやんでしまう……。こんな悩みだって、前のエマなら無駄な時間!と切り捨ててしまうはずだが、やっぱり人生、無駄なものや時間が大切と教えてくれた作品。

※アダムと父の2人の恋愛話が同時展開されるが、親父さんの女にもてようとする張り切りぶりがおかしかった。


posted by ミッキー at 09:37| Comment(0) | DVD | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする