2020年12月19日

12月18日公開映画(2)『私をくいとめて』

🎬『私をくいとめて』大九明子監督、脚本/133分/東京国際映画祭2020年観客賞

何年も彼氏いなくて1人暮らしの会社員、31歳の黒田みつ子(のん)。そんな彼女がどうにか生活できているのは、彼女の脳内にいるもう1人の自分である相談役のAがいたから。Aは人間関係や行動に迷った時にはいつも正しい方向に導いてくれる。

そんなある日、みつ子は取引先の若手営業マン・多田(林遣都)に好意を抱くが……。

15A5204B-64B8-4857-BC76-06161A53E478.jpeg

「勝手にふるえてろ」の大九明子が監督・脚本で、芥川賞作家・綿矢りさの同名小説を実写映画化。のんと林遣都が初共演。

ミッキーの好みの女優さんではないが、こんな可愛い子が31でずっと彼氏が出来なかった、という設定が無理。一方、多田(林遣都はミッキー好み❤️)のような若いし見た目もいい男の子は意外と持てない子が多いみたい。ミッキーの100メートル内に1人、そういう若者がいて「お兄さんならモテモテじゃないの」と聞いてみたら「何を話していいかわからないし、期待に添えなかったらどうしょうとか、とにかく付き合っていた時は気持ちが休まらなかった」と本心(きっと)を話してくれた。

映画とは反対に男の子バージョンの「オレを導いて」という映画作って欲しい。

映画の構成としては勢いのあった始まり30分ぐらいがよかったが、後はつまらない。特に、海外に1人で行くのもイタリアには親友もいるから、何も冒険も一段アップでもない。今時、えらい勘違いだ。


posted by ミッキー at 12:07| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年12月18日

12月18日公開映画(1)『ビルとテッドの時空旅行 音楽は世界を救え!』

🎬『ビルとテッドの時空旅行 音楽は世界を救え!』ディーン・パリソット監督/アメリカ/90分/伏見ミリオン座にて

自分たちの音楽が将来世界を救うと予言されたビルとテッドは、曲作りに励み「その時」を待ち続けて30年……人気も落ち込み、応援してくれるのは家族だけだった。

そんな彼らのもとに未来からの使者が現れて、時空の歪みによって人類滅亡まであと77分25秒しかないという事実を伝える。ビルとテッドは世界の消滅を防ぐため「世界を救う音楽」を完成させようと、いにしえの伝説のミュージシャンを集めて史上最強のバンドを結成しようと時空を駆け巡るが……。

741268E4-651C-4DAC-94CB-0163A03AD381.jpeg

前作2作品目(見ていないが)から29年ぶりの第3作品目。主演は変わらずキアヌ・リーブスとアレックス・ウィンターの2人。

初日初回でミリオン座に行ったが「吹き替え」だった。キアヌ様の生声を聞きたかったが予定が詰まっていたので吹き替えで見た。しかし、この時空を越えるドタバタには瞬間的に理解しないと置いてきぼりをくいそうなので、字幕より良かったと感じた。

いにしえのミュージシャンは、モーツァルトやルイ・アームストログ、ジミ・ヘンドリックスで大賑わい。ちょっと話があっちこっちするので、本当に吹き替えで正解だった。

★キアヌ様、型破りの役柄で好きなのは2016年公開の『ノック・ノック』、未見の方はDVDでどうぞ。




posted by ミッキー at 21:32| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年12月17日

DVD『抱きたいカンケイ』

今朝は車のボンネットに雪が1センチほど積もっていた。いつもの喫茶店に入るとメガネもくもってしまった。その喫茶店に着く前に1500歩歩いて、帰りにはまた1500歩ほど歩いた。帰ってからすぐに昼ご飯のために残り物野菜のスープを作って、DVD観賞。

DVD『抱きたいカンケイ』アイヴァン・ライトマン監督/アメリカ/2011年

大病院に勤務する医者のエマ(ナタリー・ポートマン)は、仕事に追われて恋愛をする暇のない独身女性。そんなある日、ひょんなことから長年の親友アダム(アシュトン・カッチャー)と肉体関係に。2人は恋愛感情も嫉妬もデートもなしのカラダだけの関係という約束をして続けていたが……。

74CA0619-07BE-4091-8A75-1E9ED7FA36E0.jpeg

軽めのラブコメディー。

エマとアダムの出会いは、今から15年前のサマー・キャンプ。14歳のエマは言い寄って来た男の子アダムを冷たくはねつける。それから何度か偶然の再会をするが、決して恋人にはならなかったといういきさつがあったが、男女の一線を越えてしまう。

それはアダムの元カノのヴァネッサが、人気TVスターの「アダムの父親」といい仲になっていると知ってショックを受けたアダムに、エマの方から「セックス・フレンドにならない?」という提案をする。嫉妬や束縛は厳禁。どちらかが恋したら即カンケイ解消というキツイ条件付きだ。

かわいげがない上から目線のエマ。でも、だんだんエマは本気になっていく自分をどうしたらいいのかとなやんでしまう……。こんな悩みだって、前のエマなら無駄な時間!と切り捨ててしまうはずだが、やっぱり人生、無駄なものや時間が大切と教えてくれた作品。

※アダムと父の2人の恋愛話が同時展開されるが、親父さんの女にもてようとする張り切りぶりがおかしかった。


posted by ミッキー at 09:37| Comment(0) | DVD | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする