2020年11月29日

肖像画の完成が別れの時 12月4日公開『燃ゆる女の肖像』

昨日の晩から冷え込んだ。シドニーの娘は「今日は40度超え」という正反対のラインで冷やしうどんの写真を送ってきた。見るだけでぶるっときた。

ミッキーの朝ごはんは昨日の具だくさんの豚汁に青菜と納豆を投入して焼き餅を2個いれて「具だくさん力餅おじや」だ。見栄えはわるいが体が暖まった。

🎬『燃ゆる女の肖像』セリーヌ・シアマ監督、脚本/フランス/122分/12月4日よりTOHOシネマズ シャンテ、名古屋ミリオン座他にて全国ロードショー公開

18世紀のフランスの離れ小島。この島に若い女性画家マリアンヌ(ノエミ・メルラン)が金持ちの嫁入りまえのお嬢様の結婚のための見合い絵(今でいう見合い写真)を描きに来た。でもそのお嬢様(アデル・エネル)は結婚には気乗りしていない様子だ。

マリアンヌは描きに来たとは言わず、彼女と行動を共にして密かに肖像画を完成させるが、真実を知ったエロイーズは絵の出来栄えに不満で、意外にも描き直してほしいとモデルになることを承諾して……。

40B1213F-5995-418E-913D-7FDA3CA1B924.jpeg

2019年・第72回カンヌ国際映画祭で脚本賞とクィアパルム賞を受賞したラブストーリー。

監督さんは『水の中のつぼみ』『トムボーイ』の方だからストーリー展開の想像はついた。

身分も違う、年代も少しづつ違う3人の女性(この家で働く若いお手伝いさんも)が、たった5、6日の間だが女性同士、心を一つにしていく。その後の展開も見事で、今でも切なさが込み上げてくる。

★音楽の扱いもとても良かったが、ただ1ヶ所、浜辺で土地の女が手拍子で歌うシーンで最初10 秒ぐらいは土地の女だけの声だったが、途中から合唱団が加わった。そのまま盛り上がりがなくても素朴なまま通してほしかった。ここだけが残念だった。
posted by ミッキー at 09:20| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする