2020年11月22日

3連休はおうちでイタリア映画祭(2)『きっと大丈夫』『ラ・パッショーネ』【オンライン配信】12月20日[日]まで

CD3B3883-17BA-4E14-8FAF-45BAD802FC19.png

https://www.asahi.com/italia/2020/

🎬『きっと大丈夫』フランチェスコ・ブルーニ監督/101分/2020年/日本初上映

映画通には知られているが一般受けしていない映画監督のサルヴァーティ・ブルーノ(キム・ロッシ・スチュアート)は、次回作の予定もなく、妻と離婚して子どもらともうまく接することができないでいた。そんな時に「白血病」の診断がくだされ適切なドナーを近親者から見つけようとするが……。

D688DFA5-7241-469E-942C-D385947D5B29.jpeg

前日に観た『幸運の女神』にも満足したが、この『きっと大丈夫』も大満足❗️

脚本か秀逸で家族はもちろんのこと、医療関係のシーンや医療に携わる医師、看護師が丁寧に生き生きと描かれていた。

だれがドナーにぴったりだったかは「秘密」だ。

★ブルーノがベッドで苦しんでいる時に妄想の中で亡くなってしまった母親が出てくるシーンでは、ブルーノが赤ちゃんになっていた。その場面が好きだ。


🎬『ラ・パッショーネ』カルロ・マッツァクラーティ監督/106分/2010年

5年間、スランプで映画が作れない監督(シルヴィオ・オルランド)に新進女優を主演とする映画の話が舞い込む。喜んだのもつかの間、トスカーナに所有するアパートの水漏れでお隣の名画「キリストの受難ラ・パッショーネ」を水浸しにしてしまった。訴えられたくなかったらトスカーナの祭りで行われる受難劇の映画を作れといわれて仕方なく2つの映画製作に挑むが……。

1B65265F-CAD9-482B-806D-2A177530DBF7.jpeg

最高に面白かった! 偶然に知り合った元泥棒さん(ジュゼッペ・バッティストン)の意外な才能で見事に受難劇は大成功。

★携帯電波がつながるのが高台にある玄関入り口だけっていうのも笑えた。
posted by ミッキー at 05:38| Comment(0) | 映画祭・映画関連催し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする