2020年09月06日

あいち国際女性映画祭2020(4)『ハラボジの家』

あいち国際女性映画祭2020フィルム・コンペティション グランプリ作品決定

【アニメーション部門】
きし あやこ 監督 『ペン&マジック』

【実写部門】
大森 歩 監督 『リッちゃん、健ちゃんの夏。』

🎬『ハラボジの家』ユン・ダンビ監督/韓国/105分/日本初上映

10代の娘・オクジュ(チェ・ジョンウン)と幼い弟のドンジュ(パク・スンジョン)は父親の仕事がうまくいかず、病身の年老いた祖父の世話をするためもあって、街中のアパートから車一台に乗る荷物以外は皆売り払って、郊外にあるおじいさんの古いが広い家に同居することにした。

そこに父親の妹も夫と離婚すると言って同居することに。今まで、独り暮らしだったおじいさんの家は急に5人家族になって……。

この映画祭に主演女優賞があれば、お姉ちゃん役のチェ・ジョンウンさんに差し上げたい。この少女の目を通して父親を見限って出て行った母親のこと、急に身じかになったおじいさんのこと、時にはうるさい弟のことが、心の動きと共に瑞々しく描かれていた。

有名な役者さんも悪人もいない。どこの国に置き換えても通じる普遍的な作品の中に、時折々に囲む食卓の様子が韓国らしい趣を持って描かれていた。

この女性監督さんの力量に驚くと共に、こういう才能のある監督がいる限り「あいち」の映画祭も続けられるなと嬉しくなった。
posted by ミッキー at 08:26| Comment(0) | 映画祭・映画関連催し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする