2020年09月27日

skipシティ国際Dシネマ映画祭はオンラインで(1)『カムバック』『シュテリン・過激な90歳』

きのう、土曜は朝から忙しかった。午前9時から待ちに待った「skipシティ国際Dシネマ映画祭2020」のオンライン上映が始まる。まずiPadで観賞できるか試してみたらしっかり見ることができたのでひと安心。

そして今週公開の新作映画をイオンシネマ名古屋茶屋に出かけて3本を観ようと思っていたがオンラインの映画祭のほうが気になって2作品だけみて帰ってきた。帰るバス🚌の中でふと思ったのは「オンラインだから深夜でも見られるんだ、あと一本観ておけばよかった……」と気付いたが後の祭り。

気がゆるんだのか家に帰ってから夕寝、夜と深夜に小分けしてオンライン上映を堪能した。

2AE21E78-6607-4ACA-A99E-E8F768C31365.jpeg

是非オンラインで https://www.skipcity-dcf.jp/

🎬 『カムバック』パトリック・エークルンド監督/スウェーデン/93分/日本初上映

かつては将来を嘱望されていたバドミントン選手のアン=ブリット(アンキ・ラーション)は35年前のスウェーデン選手権決勝に敗れた時から人生が狂い始めた。彼女は毎日、試合のビデオを見ながら「審判のミスジャッジ」と思いつめていてトラウマになっていた。

家庭生活は夫に去られ、息子は離婚問題で揉めていて、精神科の医師にも見放されそうで日々鬱々と一人暮らしをしていた。


まあ、見てください❗️期待通りの作品だった。

映画の始まりは「いびき」で、酔っ払って河べりで寝込んでいて、目が覚めて起きて歩く時も女性とは思えなかった。

彼女はもうすぐ60歳ぐらいの年齢だろうが、家の中はけっこう片付いていて意外だった。彼女も息子も変わった男だが悪人ではない。ここに出てくる人には悪人はいないが「腹に据えかねる」ものを持っていて、一歩前に進めない親子、夫婦が描かれていた。

🎬『シュテリン・過激な90歳』アナトール・シュースター監督/ドイツ/79分/日本初上映

ユダヤ人のシュテリンさん(アフーヴァ・ゾンマーフェルト)はもうすぐ90歳。ドイツ・ベルリンで孫娘と一緒に暮らしている。
彼女の願いは「死ね」こと。体もどうにか歩けて一人行動もできる彼女にはなかなかお迎えが来ない。

苛立った彼女は「拳銃」を買おうと周りの男どもに頼むが……。

1DCE67C5-02F3-4330-8300-88A1A0888166.jpeg

始めにみたのも白髪頭の女性だったので白髪続きでこれをチョイスした。

この作品もオススメ❗️監督さんは主役を勤めたアフーヴァ・ゾンマーフェルトさんと出会い、彼女の魅力にとりつかれ、脚本を書いたといういきさつがある。映画の冒頭に「アフーヴァ・ゾンマーフェルトさんに捧ぐ」と記してあったので、既におなくなりになったとわかったが、いたずらっ子のような輝いた眼、発しとした口調にたくさんのエネルギーが詰まっていた。

★音楽は時折、宇宙から送信してきたような奇異なものだった。その音は彼女が「死」を強く望んだり、死の近くにいたりした時に流れた。



posted by ミッキー at 08:03| Comment(0) | 映画祭・映画関連催し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年09月26日

9月25日公開映画(2)『アダムス・ファミリー』

🎬『アダムス・ファミリー』コンラッド・ヴァーノン、グレッグ・ティアナン監督/アメリカ/87分/イオンシネマ名古屋茶屋にて

人里離れた山奥で結婚式を挙げたモンスターのゴメズ(声:生瀬勝久)とモーティシア(杏)は人間たちに故郷を追われ、丘の上の荒れ果てた屋敷にたどり着く。

時は流れ、夫婦にはいつも暗い顔をしてる長女ウエンズデー(二階堂ふみ)といたずら好きの長男パグズリー(堀江瞬)が生まれ、大男の執事ラーチ(大塚明夫)とともに平穏な日々を過ごしていた。

そんな中、パグズリーが一族にとって重要な儀式である「セイバー・マズルカ」を一族の前で披露する日が近づいてきて……。

C2D004F1-38D9-4DB2-96D8-BD34C727AEAC.jpeg

アメリカの漫画家チャールズ・アダムスが生んだ名作コミックで、1990年代には映画化され世界的にヒットした「アダムス・ファミリー」をアニメ化。

吹き替えで観たが声の出演は皆とてもぴったりとしていた。ご家族で楽しめるアニメで会場には小学生も数人いた。

一目見るとあまりにも個性的で怖いようなキャラクターだが、それもすぐに馴染んで来て愛敬も出てくる。そんなアニメにしかできない表現方法で「人と違ってもいい」というテーマが重苦しくなく描かれていた。


posted by ミッキー at 20:55| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年09月25日

9月25日公開映画『ウルフズ・コール』『ハースメル』

🎬『ウルフズ・コール』アントナン・ボードリー監督/フランス/115分

5B5C28A7-6A30-4A10-9C71-C946CF6A4898.jpeg

フランス軍潜水艦で並外れた聴力をかわれて分析官として従軍しているシャンテレッド(フランソワ・シヴィル)は、シリア沖で任務中に狼が叫ぶような謎のソナー音に惑わされて、判断ミスを犯す。

その後、再び謎の音と対峙したシャンテレッドは、人類滅亡に関わる決断を迫られることになって……。


セザール賞で3部門にノミネートされ、音響賞も受賞したフランス製の潜水艦映画。

緊迫感は並外れているがそこにオマール・シーさんが登場すると画面がゆるむ。それがいいのか悪いのかミッキーにはわからない。聴力を酷使している周りで、やいやい言っていたので、シャンテレッドがかわいそうになった。

★主役のフランソワ・シヴィルさんは『ラブ・セカンド・サイト はじまりは初恋のおわりから』にも出演なさっている方。


🎬『ハースメル』アレックス・ロス・ペリー監督、脚本/アメリカ/136分/イオンシネマ名古屋茶屋にて

女性3人組パンクバンドの「サムシング・シー」はアリーナを埋め尽くすほどの人気バンドに成長した。ボーカルのベッキーの過激な音楽性で熱狂的なファンがついたが、ベッキーは次第にアルコールやドラッグにおぼれ、心身のバランスを崩していく。

怪しい呪術師に入れあげて、そのご神託をまに受けたベッキーとバンドメンバーの間には亀裂が生じて、とうとう解散してしまう……。


主役が『透明人間』のエリザベス・モス。存在感が半端なく、歌もきっと本人が歌っていると思うが自然な発声をしていた。

少女時代からの親友同士の3人だったがベッキーの行動の強烈さや常識はずれが仲間割れの原因だ。ベッキーはそんなことは思っていなくて「みんな自分のことだけを考えていて、私がひとり苦労していた」と言い張るばかり。

ベッキーは薬の常習で手に負えなくなって解散。残ったのは父親に育てられて素直に育った娘と多額な賠償金だけ。

でもすべてが無になった時の、素顔のぼんやりとした顔がとても美しかった。

★かなり長い時間だったが短く感じたのはエリザベス・モスさんの飾らない表情と歌唱力だと思う。
★ 監督さんは『プーと大人になった僕』の脚本を担当した方。
posted by ミッキー at 23:58| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする