2020年04月03日

DVD 『アルバート氏の人生』

今朝のテレビで「手洗いをしっかりして顔にさわらなければ99.9%コロナにはかからない」といっていたので「それならやれそう」と早速実行した。

目、鼻、口などはとくにさわっていけないので注意していたが無意識に顔にさわってしまう。頬をや顎をかいてみたり、口元をぬぐってみたりと何回もさわった。ちょっと前にテレビで(この頃1日2時間は見ている)人は顔を1日2千回以上はさわるといってたが本当かもしれない。

DVD『アルバート氏の人生』ロドリゴ・ガルシア監督/アイルランド/113分

C9DD7796-F32C-4A2A-942E-FAE84457C5D6.jpeg

19世紀のアイルランド。女性が結婚せずに自立するには、男性として生きなければ仕事もない時代。

孤独な生活を送る内気な執事のアルバートは、長年、重大な秘密を隠してきた。アルバートは貧しく10代の時から男性として生きてきた女性だったのだ。

そんなある日、ハンサムなペンキ屋のヒューバートがアルバートの働くホテルにやってくる。アルバートは彼に影響され、アルバートは自ら築き上げてきた偽りの人生を崩したいと思うようになるが……。 


約10年ぶりに見た。切ない映画だった。ホテルのみんなからミスター・アルバートと呼ばれ、泊り客からも信頼の厚い「彼女」は、もらった給料も小銭のチップも床下に大切そうにしまい、本当に嬉しそうにお金の束を眺めていた。それがとてもいじらしく思った。

だが、この人の老後はどうなるのだろうと他人事ながら心配になる。ずっとそのまま男性でいけるだろうか。はたして伴侶に求める「性」はどちらなんだ?と疑問がふつふつと出てきた。

この作品で最優秀主演女優賞を獲得したグレン・クロースはもちろんのことだが、ヘレン役のミア・ワシコウスカの演技も◎
posted by ミッキー at 22:25| Comment(0) | DVD | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする