2020年04月18日

公開決定❗️7月3日『カセットテープ・ダイアリーズ』

10万円もらえるという話題が毎朝行く喫茶店で出た。まだ貰ってもいないのに話が弾んだ。お客は常連2人とマスターとママ。4人とも2メートル以上離れて☕️飲む以外はマスク。こうやって話すのが一番の発散。4人とも「生活費のもくずになってしまう」と意見は一致した。

それからマッサージに行って開店早々のスーパーで1割引のお米を2キロ買って、合計3000歩で家に帰ってきた。

🎬『カセットテープ・ダイアリーズ』クリンダ・チャーダ監督/イギリス/117分/7月3日公開

48476AB3-1EBC-41A2-83F6-90B0CB7BEDE9.jpeg

イギリスの南東部にあるルートンという小さな町で暮らすパキスタン系少年のジャベド(10歳ロナック・チャーダ・バージェス/16歳からヴィヴェイク・カルラ)は16歳。

夏のアルバイトの帰り道、ウォークマンで流行の「ペット・ショップ・ボーイズ」を聴きながら自転車を走らせてご機嫌だった。

彼はこの9月からハイスクールに入学する。誕生日が同じで幼なじみの少年マット(10歳ビリー・バラット、16歳からディーン=チャールズ・チャップマン)は彼女ができてとっても嬉しそう。ジャベドは疎外されているように感じて一気に暗い気持ちになってしまった。

保守的な町の人たちからは移民の偏見が強く、家ではパキスタンの伝統やルールがあって息苦しい生活だ。特に古い慣習を強制する父親マリクには反発を感じていた。

そんな彼の密かな楽しみは、人種差別や経済問題に揺れるこの時代をジャベドなりに感じたことの断片を「詩」のように書くことだった。


瑞々しい音楽青春映画。それだけではなくイギリスの移民に対しての排斥運動や差別などが湿っぽくならないで軽やかに描かれていた。移民として辛苦を舐め尽くしてきた父親の気持ちも、息子に対して願うことも理解できた。

ジャベドとマットの友情、恋愛、そして将来のことを勇気を持って前へ進もうとする彼の姿が眩しかった。

★原作は、パキスタン生まれで現在はイギリスでジャーナリストでありドキュメンタリー作家としても活躍するサルフラズ・マンズールの回顧録。監督さんは『ベッカムに恋して』の方。
posted by ミッキー at 10:49| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年04月17日

公開決定❗️8月21日『2分の1の魔法』

とうとう名古屋今池シネマテークもゴールデンウィーク明けまで閉館となった。映画好き最後の砦もなしになっては両手をもがれたも同然のミッキー。ネットでも映画は見られるが、なんともそれでは身体ごと楽しめない。ちょっと元気がない。

朝、昼、夕方、3000歩目安に歩いている毎日もマンネリ……「わが人生に退屈の文字はない」と威張っていたが、こんな時が来るとは思わなかった。

🎬『2分の1の魔法』ダン・スキャンロン監督/アメリカ/103分/8月21日公開

かつては魔法に満ちていたが科学技術の進歩で魔法を忘れてしまった世界で、優しいお母さんローレル(ジュリア・ルイス=ドレイフェス/近藤春菜(ハリセンボン))、好奇心旺盛で魔法オタクの兄バーリー(クリス・プラット/城田優)と暮らす少年イアン(トム・ホランド/志尊淳)は、何をやってもうまくいかないことばかりだった。

そんなイアンの16歳の誕生日に、母ローレルから「イアンが16歳になったら2人に渡してほしい」と父からの贈り物をもらった。兄弟で開けてみると、魔法の杖とともに「父を24時間だけよみがえらせる魔法」を書かれた手紙があった。

早速その魔法を試すが失敗。父を下半分だけ復活させてしまう。イアンはバーリーとともに、父を完全によみがえらせる魔法を探す旅に出るが……。

1E184EE2-5499-41A8-84A3-DBC0BF1B320B.jpeg

『リメンバー・ミー』『トイ・ストーリー4』のピクサー・アニメーションによる長編作品。監督は「モンスターズ・ユニバーシティ」を手がけたダン・スキャンロン。

お父さんが下半身だけよみがえったなんて面白い。縦半分ならホラーだ。兄弟2人が力合わせてタイムリミットが迫る中、お父さんを完全に蘇りさせるためにいろんな危険な冒険をしていく。もうこれはご家族全員で楽しめるアニメ。

イアンが完全に蘇ったお父さんとやりたいことは、キャッチボールをすること、散歩する、心を開く、一緒に笑う、運転の練習、人生を分かち合う……簡単にできそうなものも、難しいものが混ざっているが16歳の男の子が考えそうなことで微笑ましい。

★ 主役のイアンの声はトム・ホランドさん。彼は『エジソンズ・ゲーム』にも出ている。若くて穏やかな面立ちだからぴったり。
posted by ミッキー at 03:56| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年04月16日

6月26日公開決定『オーバー・ザ・リミット 新体操の女王マムーンの軌跡』

🎬『オーバー・ザ・リミット 新体操の女王マムーンの軌跡』マルタ・プルス監督/ポーランド、ドイツ、フィンランド/74分/6月26日公開決定

ロシアの新体操選手マルガリータ・マムーンと彼女のコーチであるイリーナ・ヴィネル、アミーナ・ザリポアに密着したドキュメンタリー。

F373007E-0C9B-411E-A92A-6F7A04B71A56.jpeg

これはドキュメンタリーだから、個性的で強力な指導者の許可が難しかったのではないだろうかと思いながら観た。確かに弱音をはかせず、叱咤激励以上の「口汚い叱り方」に暗い気持ちになった。

ミッキーも物心つく頃から父が死ぬ中学2年までバイオリンのスパルタ教育を父から受けていて大変な目をしているのでこの映画は辛かった。

マムーンは時々家に帰って鋭気を養っていたり、恋人と会ったりする場面もあってホッとした。彼女は女優にしてもやっていかれるほどの美人さんだが、今はスポーツ選手の奥様になっておられるとか。恐い恐い指導者のお顔は当分忘れそうにもないが、マムーンの今が幸せという情報に心が落ち着いた。

★ 監督さんは、ご自身も新体操の経験がある方。アメリカ『ヴァラエティ』紙で「注目すべき10人のヨーロッパ人」にも選出された。
posted by ミッキー at 12:59| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする