2020年04月24日

DVD『ラスト・エクソシズム』

DVD『ラスト・エクソシズム』ダニエル・スタム監督/アメリカ

ルイジアナ州バトンルージュで悪魔払いの真実を暴くという告白ドキュメンタリーの出演を依頼されたコットン・マーカス牧師(パトリック・ファビアン)は、悪魔払いの儀式をするため撮影隊と共に郊外のとある農場を訪れた。


「悪魔払いは嘘だよ。こんな細工もするんだ」と牧師が種明かししながら、「 じゃあ、悪魔払いを実況することにするか、どんなインチキするか、悪魔なんていないってとこお見せしないとな」と、撮影隊と共に行く。

行き先は「悪魔祓いをしてくれ」と、牧師のところに来た何通かの手紙のうち、無作為に選んだ一通の封筒。撮影隊が向かったのはアイバンヴィット村の農家。

キリスト教原理主義者の農場主の父・ルイスの手紙には「16歳の娘ネル(アシュリー・ベル)が夜な夜な不審な行動をして、たくさんの家畜が惨殺されている」と書かれていた。着いてすぐ撮影隊も一緒だということで揉めるが、なんとか承諾させて牧師はいつものように手品のトリックを使い儀式を行うと……。

095E3B93-F412-4AA9-A55D-0A66F0820ED0.jpeg

彼の体験では悪魔つきは大概は精神的なもので、儀式で暗示をかけるとほとんどが治ったらしい。案の定、ネルも儀式のあとはぐっすり寝てしまう。だが、その後、数々の異様な出来事が起こり、牧師は「こんなはずはない」と悪魔の存在に驚愕する。

題名から受ける印象で身構えてた。なかなか面白い種明かしもあったが、最後になるに従い、笑ってなどおれなくなる展開。

これは撮影隊カメラの位置から撮ったもののはずだが、カメラマンの目線だけでは説明がつかない箇所があった。

★ネル役アシュリー・ベル、清純と悪魔の両極面を演じていた。
posted by ミッキー at 20:38| Comment(0) | DVD | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年04月23日

Netflix『失墜』

ここ小1か月、東中野娘がこっちにきていてパソコン上で仕事をしている。グランドピアノが置いてあった6畳洋間を仕事場兼寝室にしている。日頃外食オンリーだから張り切ってミッキーはまずい料理に精を出している。

マーケットの払い、後片付けなどやってくれるので大助かり。でも外出は自由がなくなった。いつも行く喫茶店は20分、寄り道せずに散歩だけ……とお達しがでた。今まで自由気ままにやってきた身には辛いがここで踏ん張って❗️と寄り道のコンビニやDVD屋さんは当分行かないようにする。


Netflix『失墜』パトリス・ラリベルテ監督/カナダ/83分

カナダのとある小さな島に暮らすアントワーヌ(ギョーム・ローリン)は非常に危機防衛意識が高く、妻や一人娘を夜中に起こして荷物をまとめさせて島の入江まで何分かかるか時々抜き打ちで試すほどの男だ。

島の雑貨屋で「3日の食料しか在庫がない」と知ると、買い占めて真空パックにして「これで何年かは生き延びることができる」と胸を撫で下ろす男だ。もちろん妻や娘は協力的で幸せな家族である。

そんな彼の元にアラン(リアル・ポッセ)というその道では有名なサバイバルニストから電話があって「一人欠員ができたので参加しませんか」と連絡が入った。それは基本的なサバイバル術を訓練するための集まりで信用できる人だけを選んでいる個人組織からのお呼びだった。

もちろん即参加して現地に車で向かうとアランから目隠し用のゴーグルをつけられて山中のアジトに着く。そこには8人ほどの男女がいて皆、アランの選んだ常識的な人ばかりだったが……。

4F236923-CDE2-442C-8D29-2867664DC9A5.jpeg

時間が80分ほどで短さと題名に惚れて?チョイスした。

できばえは「お暇ならどうぞ」レベル。だから今見るとちょうどいいってわけだ。

出だしは良かった。夜中に娘を起こし、荷物をすぐにまとめさせて急いで車を発進させるので何が起こったのかと食い入るように見ていたら「今回は何分で島の出口についた。こんどはカメのペットは忘れるなよ」と娘や妻とにこやかに反省会している。

この出だしでなかなかやる監督さんと思ったがこの後がちょっとミッキーとしては物足りなかった。それにサバイバルにうつつを抜かすアントワーヌさんは何で生活しているのかわからない。けっこう良い暮らしをしているようだ。

まあ、その日暮らしならサバイバルどころじゃないだろうが……。 


posted by ミッキー at 10:53| Comment(0) | DVD Netflix | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年04月22日

DVD『ザ・ホークス ハワード・ヒューズを売った男』

昨日、大阪姉から豆3種類送ってくれた。姉は病身だが義理兄が畑を借りて野菜、果物(イチゴやスイカ)を作っている。
グリンピース、さやえんどう、スナックえんどうの3種類、それと姉の文字で「豆に生きようね」と書いてあった。

早速、ネットで調べて豆ご飯を炊いた。豆ご飯は出来上がりをもらうばかりで作ったのは初めて。できばえは我ながら合格で美味しく頬張った。今朝はスナックえんどうをサラダに入れよう。

DVD『ザ・ホークス ハワード・ヒューズを売った男』ラッセ・ハルストレム監督/アメリカ/116分/2011年

1970年代アメリカ、作家クリフォード・アーヴィング(リチャード・ギア)は自分の作品を出版社に売り込むがいつも没になっていた。そんなある日、彼は公式の場にまったく姿を見せない変わり者の大富豪ハワード・ヒューズのニセ自伝を書くことを思いつく。早速出版社にハワードの偽の依頼手紙を持ち込み周囲をだまし、親友のディック(アルフレッド・モリナ)と必死にリサーチを開始して……。


近所のDVD屋さんでリチャード・ギアさんのホームレスになってしまう『ロスト・イン・マンハッタン 人生をもう一度』を探したが、これしかなかったので借りてみた。公開時にみているがこれももう一度見たかった。

B4429CEB-A27F-4C44-9D36-9F7DDE42D4D4.jpeg

ホームレスのギア様も良かったけど、詐欺師もハラハラドキドキでよかった。

この徹底的に私生活、いや、写真すらもないハワード・ヒューズ。
誰もちゃんと知らないってところがミソだ。だから、いわゆる「彼のことなら僕、知っているよ。会ったこともあるよ」と自慢する人たちが、「この声は確かにヒューズの声だ」なんていうから、大新聞社も出版社も信じてしまう。


そして本が出来上がったところで、本物ヒューズさんが公式発表して差し止めをしている。

本を全部燃やしているシーンで、一冊ぐらい今もお宝としてのこってないのかしら?と思ったが、どうだろうか。


ギア様は嘘の上にまた嘘をついて、しまいには自分も信じこんでしまう役柄を茫洋とした表情で演じていた。ちょっと気の弱い感じだが、話すときは人の目をしっかり見据えているので、
80パーセント嘘?!とおもっていた人も段々パーセントが低くなる。


監督さんはご本人アーヴィングに会っていて「大変温厚な方だったが、心のうちは全くわからなかった」と語っていたのを思い出した。
posted by ミッキー at 06:56| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする