2020年03月25日

大規模施設でも大活躍ケア圭くん4月3日公開『ケアニン こころに咲く花』

昨日、シドニー娘から手作りマスク、かばん携帯用の手のクリームが送られてきた。東中野の娘は薄めて使う消毒液を箱ごと注文してくれた。

🎬『ケアニン こころに咲く花』鈴木浩介監督/101分/4月3日よりヒューマントラストシネマ有楽町他にて全国順次ロードショー公開

ケアニンの仕事を幅広く学ぶために、小規模施設から大型の特別養護老人ホームに移った介護福祉士の大森圭(戸塚純)は、「多くの利用者に対応するため」という効率的なやり方やリスク管理を最優先する運営の仕方に戸惑うばかりだった。

そんな中に認知症の老婦人・美重子(島かおり)が入所して来た。今まで美重子を自宅で介護してきた夫の達郎(綿引勝彦)は施設のやり方を信用せず、担当の圭に厳しくあたった。

そんな美重子さんや入所者さんに、友人の美容師を呼んで一日美容サロンを開催し喜ばれるが、職場のチームワークを乱していると上司や理事長から注意を受けてしまう。

29FFA94E-E2A2-4F79-826C-1DE32E051C9D.jpeg

ついでに観た試写だったが、お目当の作品はイマイチでついでのこちらの方が楽しめたし勉強にもなった。

知人が大規模特別養護老人ホームから25名ほどの少人数の施設に移った時、見舞い客すら楽になったことを思い出した。やっぱり規則、規則の大規模は嫌だと将来を見据えて思っていたが、この作品で大規模のいい所も発見できたし「そうだったのか」と頷くところもあった。

話の展開は常識の範囲で最後は見なくても想像がつくので、是非にとはオススメしないが勉強になると思う。
posted by ミッキー at 00:16| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする