2020年03月21日

真っピンク❗️『たわわな気持ち』

昨夜、晩ご飯ついでに散歩。チラシ集めにポレポレ東中野まで来た。劇場に着くとちょうど8時から始まるのがあって、「満員ですか」とスタッフにお聞きしたら「余裕は十分にありますが…」と言われた。この…に気づけばいいのにチケットを買って中に入った。

題名は『たわわな気持ち』という映画で、きっとたっぷりな幸せを感じさせてくれる映画と思って入ると、男の方ばかり15人くらい入っていた。

途中で真っピンクと気づいたが、ここであたふたするミッキーではない。見たくないシーンはたっぷりあったが、カレン役の風俗嬢がエロ可愛でしゃべりも「ふんわかはっきり」となかなかの役者。調べてみたら相当有名なお嬢だった。

一方ライター役の彼女は体とボインのバランスが崩れるほど大きく、不自然に感じたし、同居する男とは二段ベッドで寝ているという設定に?印。

ストーリーは

🎬『たわわな気持ち』古澤健監督/80分/ポレポレ東中野にて

E9117EF7-4546-4EC3-9221-5601A0C5567E.jpeg

エロ業界ライターの綾(松本菜奈実)は彼氏・肇(古澤健 監督!)と同棲中。しかし肇は綾の仕事を「そういう仕事をしているのを家庭に持ち込むな」と、冗談で言う話も受け付けてくれない。

 そんなある日、肇が脱いだズボンのポケットから風俗のスタンプカードが出てきた。どうもお目当ての女の子はカレン(あけみみう)という風俗嬢とわかり、カレンと会ってみたくなった綾は、取材のふりをして面会を申し込む。

というストーリーで話の転ばし方は○だった。後で知ったが監督さんが肇役をやっていたのには驚いた。調べてみたら『今日、恋をはじめます』の方。よくあんな際どい演技をなさるとは……。

posted by ミッキー at 09:07| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする