2020年03月16日

大阪アジアン映画祭2020(3)受賞結果と『チャンシルは福も多いね』

受賞結果

★グランプリ(最優秀作品賞)『ハッピー・オールド・イヤー』
★観客賞『少年の君』★ABCテレビ賞『愛について書く』
★来るべき才能賞『家に帰る道』のパク・ソンジュ監督
★最優秀男優賞『コントラ』の間瀬英正
★薬師真珠賞『君の心に刻んだ名前』のレオン・ダイ
★ JAPAN CUTS Award『ある殺人、落葉のころに』
★芳泉短編賞『Hammock』


🎬『チャンシルは福も多いね』キム・チョヒ監督、脚本/韓国/95分

映画プロデューサーのチャンシル(カン・マルグム)は、長年、一緒に組んでいた有名監督が突然死したことで仕事を失ってしまう。生活レベルを下げるために間借りすることにした。大家の老婦人(ユン・ヨジョン)は風変わりで始めは戸惑いがあった。

仕事もないので生活のために親しい女優ソフィの家で家政婦をすることにした。そこで教養があって温和なフランス語の家庭教師が気になり始めたチャンシル。

彼女の隣の部屋に若い男の幽霊が現れるようになって……。

B10C9FCA-78BB-43B4-8D0F-6DB86DE28779.jpeg

ホン・サンス作品のプロデューサーを務めたキム・チョヒ監督が自らの体験をもとにした長編デビュー作。第24回釜山国際映画祭で韓国映画監督組合賞などを受賞。

会場は笑いに包まれていた。本当に来てよかったと思った。賞にはなぜか結び付かなかったが、是非、是非公開してほしい。

40歳のチャンシルさんはフランス語の家庭教師に心乱されるが、そんな気持ちの微妙さを独特な雰囲気を持って演じていた。彼女は美人ではないがだんだんと愛おしくなってきた。

そして、お隣の幽霊さんは……これは書かない方がいいかな?今は亡き香港大スターが映画作りを諦めていた彼女を励ましやってくる。その姿は彼女しか見えないという設定。

書いていて面白さが込み上げてきて笑いながらのアップしている。
posted by ミッキー at 07:52| Comment(0) | 映画祭・映画関連催し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする