2020年03月07日

『Red』ミッドランドスクエアシネマにて

マスク抽選デー
ミッキーがいつも覗くコンビニでは1日に入るマスクは3〜5袋。そこに、金曜日12時40分から抽選でマスクお渡しします。と張り紙がしてあった。そして昨日金曜日、いそいそと出かけてみた。ざっと30人ほど集まっていて「今日あるのは13枚。来週はもう少し多いと思います」と店長さんのかかえた箱に1人ずつ手を入れて紙切れを取る仕組みだった。

さてミッキーのクジ運はいかに!キャー、当選!だった。喜んでお金を払ってよく見たら「小さめ」💥……小さめってどれぐらい小さめ?かわからない。でも大丈夫、小さめの「ずっ友」さんに送ることにした。喜んでくれるといいなぁ。

🎬『Red』三島有紀子監督/123分

高級住宅街に住み有能な夫との間にはかわいい娘にも恵まれた日々をおくる村主塔子(夏帆)だったが、どこか満たされない思いも抱えていた。そんなある日、夫と出かけたパーティー会場で10年ぶりにかつて愛した男・鞍田秋彦(妻夫木聡)と再会。塔子の気持ちは少しずつ鞍田に傾いていく……。

D1AC4C24-8FCF-401A-80B2-D3977F033410.jpeg

妻夫木くん主演なので先月から気になっていた。妻夫木聡が生煮え、夏帆さんの心の移ろいに時々「?マーク」が浮かぷ。

なぜ常識人間然としている金持ちでマザコンの男と結婚したかわからない。それも結婚前に「あなたの父親は、フランスで事業をやっていると嘘をついてくれ、でないと結婚は許可されない」と言う夫、それを承諾する妻。

その妻が働きに出たいと言ったらしぶしぶでも許可する夫、お姑さんと同居で子の面倒は見てくれるが、妻はけっこう夜遅くまで仕事している。ミッキーがこの立場なら帰る時間を気にするが意外と平気な様子で、現実味が感じられない作品だった。面白くないとは言わないが、1200円の日にお暇ならどうぞのレベル。

★唯一、自然体で好感が持てたのは女たらしの同僚をやった柄本佑だけ。

posted by ミッキー at 22:19| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする