2020年03月19日

テレメンタリー2020「贖罪 〜オウム死刑囚 父の手記〜」

オウム真理教事件で刑が執行された井上嘉浩死刑囚。その父親は、地下鉄サリン事件が起きた1995年から死刑執行までの24年間、手記を綴ってきた。

嘉浩の生い立ち、逮捕された時の様子、死刑が言い渡された瞬間、電話で死刑執行を知らされたときの手記が舞踏家・田中泯氏のナレーションで語られた。

DVDに撮ってくれないかと頼まれたテレビドキュメンタリー。だが家には録画できないので断ったが、是非見たいと思い夜中テレビをつけた。30分に満たないものだったが父親の心情に言葉がなかった。

幼い時、父親が証人になり大きな借金ができたことで暗い家庭になり、母親がガス自殺(未遂)。それを発見した嘉浩、それからは母親のそばを離れなかった。オーム事件後はオームの家、飼い犬の柴犬のタローはオームのタローと呼ばれた。夫婦でなん回も面会に行った話など、ナレーションの深い響きのある声で、一層父親の贖罪の気持ちが伝わってきた。

これは長編ドキュメンタリーにしてほしいと思った。
posted by ミッキー at 05:20| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年03月18日

大阪アジアン映画祭2020(5)『蒲田前奏曲』

🎬『蒲田前奏曲』4人の監督が連作した長編映画。

蒲田に住む売れない女優マチ子を軸に、マチ子の周りの人間模様を通して「女」や「女優」に世間が何を求めているかを皮肉を込めてコミカルに描いている。

75ED19E3-D96F-4B7A-A45D-954F69A01239.jpeg

第1番「蒲田哀歌」<大過去> 中川龍太郎監督

映画のオーディションとラーメン屋のアルバイトの毎日で疲れ果てている無名女優のマチ子(松林うらら)は、仲の良い弟(須藤蓮)から思いがけなく彼女ができたと言われ驚く。バイト先のラーメン屋に突然弟と一緒にやってきた彼女・節子(古川琴音)は今どきの女の子とは思えないほど日本語がきれいで、涼やかな目元の美しい少女だった。

生活に追われたマチ子が節子に女性の本当の美しさを見て女優としての在り方を考えさせられる。その節子はラーメンのおかわりをする。「食べられる時に食べておかないと」という。

そう、節子はここ蒲田で1945年4月15日の空襲で死んでしまった少女だった。節子役のキリッとした表情の古川琴音。モーツァルトの歌曲「春への憧れ」の選曲が効いていた。

第2番「呑川ラプソディ」<現在>穐山茉由監督

ラーメン屋でアルバイトをしながら女優をしているマチ子(松林うらら)は大学時代の友人5人と久々に女子会をする。独身と結婚していたり、もうすぐ結婚の友人とは話が合わずギクシャクして来た。そこでマチ子は蒲田温泉に行こうと提案する。

蒲田の温泉は黒湯。ミッキーは蒲田の黒湯が好きで二ヶ所ぐらい行ってるがここには来ていない。食事もできそうなので探して行ってみたくなった。撮影地探訪だ。

さて、映画は「実は結婚が決まって』と喜んでいた女子の彼氏が他の女とこの温泉で食事をしていたのだ。で、その相手の女はマチ子のバイトするラーメン屋の常連で……と言う話。

東京国際映画祭で東京ジェムストーン賞を受賞した伊藤沙莉さんは女子グループのアネゴ的存在で女一人で生きていく❗️と息巻いていた。

第3番「行き止まりの人々」<過去とトラウマ>安川有果監督

映画のオーディションを受けたマチ子(松林うらら)は、セクハラの実体験やエピソードを演技をつけて話すという内容のオーディションだった。セクハラなどは経験済みだったが思い出すのも嫌でうまく演技が出来なかった。マチ子の隣に座った女性は切迫した演技をする。マチ子は彼女と共に最終選考に残ったが……。

うまく演技した女優はオーディション審査の映画監督にセクハラされたことがあって「思い出す」ように演技をするが監督はそんなこと、とうに忘れていてと言う話。

第4番「シーカランスどこへ行く」<未来>渡辺紘文監督(大田原愚豚舎)

マチ子の実家は大田原にある。大田原に住む親戚の小学5年生のリコ(久次璃子)は、大田原のとある映画の撮影現場にいる。とある監督(渡辺紘文)が撮影現場にやってきて、撮影が遅れていますが、どうかお茶でも飲んでお待ち下さいと低姿勢で誤りにきた。

この渡辺紘文監督作品を観たいがために大阪に来たようなものだ。

いつもの口調でペラペラと東京中心の映画業界や日本の社会批判を、まるでリコちゃんが一人前の女優さんに語っているように扱っていた。大音量で数秒間ビバルディの四季「春」が鳴った。

posted by ミッキー at 18:42| Comment(0) | 映画祭・映画関連催し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年03月17日

大阪アジアン映画祭2020(4)『ギャングとオスカー、そして生ける屍』

昨日大阪からの帰りに岐阜で途中下車。向かうは柳ヶ瀬のロイヤル劇場。その前にいつも立ち寄る古着屋さんに。20分ぐらいいろいろお話した。綿のズボンを2着200円で購入した。

さてロイヤル劇場で観たのは野村芳太郎監督の『配達されない三通の手紙』

C4555D11-6175-4733-BCC4-87313ECAB8A1.jpeg

映画そのものはイマイチだったが女優さんが素晴らしく美しかった。栗原小巻、小川真由美、松阪慶子、竹下景子、神崎愛(フルート演奏!)のお若い頃を堪能した。

名古屋に帰りついたら映友さんからお菓子、もう一人の映友さんからはツクシ50本ほどいただいたのでハカマも取らずよく洗って卵とじにしてほろ苦い春の味を味わった。

それから夕寝して日付が変わるまで寝てしまった。

🎬『ギャングとオスカー、そして生ける屍』ガオ・ピンチュアン監督/台湾/105分

監督の穩死(ホアン・ディーヤン)とプロデューサーの豪洨は、新作のゾンビ映画『末日無難事』の準備中。そんなとき、ひょんなことで知り合った台湾マフィアの親分・龍哥がその映画に出資してくれる話になって喜んだのもつかの間、条件があった。

それは撮影地に日本を入れることと、親分の愛人である香耐鵝(ヤオ・イーティ)をヒロインに、というものだった。清純な女子高生をヒロインにする予定だったが積まれた大金に目がくらみOKするが……。

台湾版『カメラを止めるな』といえる。ことのおこりは主演の愛人が酔っぱらって水に飛び込んで死んでしまったから、さあ!大変。親分に知れたら事故だとはいえ命はない!.とびびった映画作りメンバーは死人を車椅子に座っている設定にしたり、はたまたデスマスクを作って彼女そっくりの面をつけて他の人にやらせたりと面白いことがてんこ盛り。

なんとか無事に収まる頃には、観ている方がハラハラ疲れ。今年の台湾映画は多種多様で目が離せなかった。
posted by ミッキー at 00:33| Comment(0) | 映画祭・映画関連催し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする