2020年03月31日

2020年3月のブログ・リスト

3月1日 2019年ベスト5【読者・東京都井上氏】http://mikki-eigazanmai.seesaa.net/archives/20200301-1.html
3月1日 2019年ベストテン【時には母とふたりで 愛知県Nさん】http://mikki-eigazanmai.seesaa.net/archives/20200301-1.html
3月1日 2019年ベストテン【静かに座って対峙した480本の尺の長さで決めた?名古屋・読者 城下玲さん】http://mikki-eigazanmai.seesaa.net/archives/20200301-1.html
3月1日 2019年ベストテン【名古屋のミニシアター シネマスコーレのスタッフの伊藤新吾さん】http://mikki-eigazanmai.seesaa.net/archives/20200301-1.htmlq
3月1日 2019年ベストテン【名古屋読者・猫さん】http://mikki-eigazanmai.seesaa.net/archives/20200301-1.html
3月1日 2019年ベストテン【岐阜県在住・生田さん】http://mikki-eigazanmai.seesaa.net/archives/20200301-1.html
3月1日 2019年ベストテン【福岡在住・藤野さん】http://mikki-eigazanmai.seesaa.net/archives/20200301-1.html
3月2日 『野性の呼び声』http://mikki-eigazanmai.seesaa.net/archives/20200302-1.html
3月3日『プリズン・サークル』今池シネマテークにてhttp://mikki-eigazanmai.seesaa.net/archives/20200303-1.html
3月4日『劇場特別版 カフカの東京絶望日記』ミッドランドスクエアシネマにてhttp://mikki-eigazanmai.seesaa.net/archives/20200304-1.html
3月5日『黒い司法 0%からの奇跡』ミッドランドスクエアシネマにてhttp://mikki-eigazanmai.seesaa.net/archives/20200305-1.html
3月6日 3月6日公開映画『ナンシー』http://mikki-eigazanmai.seesaa.net/archives/20200306-1.html
3月7日『Red』ミッドランドスクエアシネマにてhttp://mikki-eigazanmai.seesaa.net/archives/20200307-1.html
3月8日 振動が「うた」に変わるまで 2月22日公開『うたのはじまり』http://mikki-eigazanmai.seesaa.net/archives/20200308-1.html
3月9日Netflix『コンティジョン』http://mikki-eigazanmai.seesaa.net/archives/20200309-1.html
3月10日『シェイクスピアの庭』http://mikki-eigazanmai.seesaa.net/archives/20200310-1.html
3月11日 愛犬が導いた自然愛情農園 3月14日公開『ビッグ・リトル・ファーム 理想の暮らしのつくり方』http://mikki-eigazanmai.seesaa.net/archives/20200311-1.html
3月12日外から見えにくい虐待を問う3月14日公開『ひとくず』http://mikki-eigazanmai.seesaa.net/archives/20200312-1.html
3月13日『愛国者に気をつけろ!鈴木邦男』今池シネマテークhttp://mikki-eigazanmai.seesaa.net/archives/20200313-1.html
3月14日大阪アジアン映画祭2020(1)『少年の君』『愛について書く』http://mikki-eigazanmai.seesaa.net/archives/20200314-1.html
3月15日大阪アジアン映画祭2020(2)『君の心に刻んだ名前』http://mikki-eigazanmai.seesaa.net/archives/20200315-1.html
3月16日大阪アジアン映画祭2020(3)受賞結果と『チャンシルは福も多いね』http://mikki-eigazanmai.seesaa.net/archives/20200316-1.html
3月17日大阪アジアン映画祭2020(4)『ギャングとオスカー、そして生ける屍』http://mikki-eigazanmai.seesaa.net/archives/20200317-1.html
3月18日大阪アジアン映画祭2020(5)『蒲田前奏曲』http://mikki-eigazanmai.seesaa.net/archives/20200318-1.html
3月19日テレメンタリー2020「贖罪〜オウム死刑囚 父の手記 〜」http://mikki-eigazanmai.seesaa.net/archives/20200319-1.html
3月20日 3月20日公開映画『三島由紀夫VS東大全共闘 50年目の真実』http://mikki-eigazanmai.seesaa.net/archives/20200320-1.html
3月21日 200本目は真っピンク❗️『たわわな気持ち』http://mikki-eigazanmai.seesaa.net/archives/20200321-1.html
3月22日 3月21日公開映画『馬三家からの手紙』『カゾクデッサン』http://mikki-eigazanmai.seesaa.net/archives/20200322-1.html
3月23日 『ナイチンゲール』ヒューマントラストシネマ渋谷にてhttp://mikki-eigazanmai.seesaa.net/archives/20200323-1.html
3月24日 シングルファザー10年物語 公開延期『ステップ』http://mikki-eigazanmai.seesaa.net/archives/20200324-1.html
3月25日大規模施設でも大活躍ケア圭くん4月3日公開『ケアニン こころに咲く花』http://mikki-eigazanmai.seesaa.net/archives/20200325-1.html
3月26日 DVD『光のほうへ』http://mikki-eigazanmai.seesaa.net/archives/20200326-1.html
3月27日 3月27日公開映画『世界でいちばん貧しい大統領 愛と闘争の男、ホセ・ムヒカ』『最高の花婿 アンコール』http://mikki-eigazanmai.seesaa.net/archives/20200327-1.html
3月28日『もみの家』http://mikki-eigazanmai.seesaa.net/archives/20200328-1.html
3月29日 変わらぬ友情の歌に寄せて 4月3日公開『在りし日の歌』http://mikki-eigazanmai.seesaa.net/archives/20200329-1.html
3月30日『衝動 世界で唯一のダンサオーラ』http://mikki-eigazanmai.seesaa.net/archives/20200330-1.html
3月31日 2020年3月のブログ・リスト
posted by ミッキー at 00:53| Comment(0) | ブログ・リスト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年03月30日

『衝動 世界で唯一のダンサオーラ』

ネットニュースで志村けんさんがお亡くなりになったことを知った。映画では高倉健主演の『鉄道員(ぽっぽや)』で酔っぱらいの役を数分やっていた。それがとても真に迫っていて驚いたことを思い出した。今年は映画の話も進んでいたそうなので残念でならない。

🎬『衝動 世界で唯一のダンサオーラ』エミリオ・ベルモンテ監督/フランス、スペイン/85分/東京・東劇他にて上映中、名古屋・名演小劇場にて4月11日より上映。

スペインの芸術界で最高の栄誉の「スペイン国家舞踏賞」を26歳で受賞したロシオ・モリーナ。革新的なスタイルでフラメンコの世界を広げた。

ロシオは3歳でダンスに目覚め、ダンサーとして恵まれた体格ではなかったが、自ら「ダンサオーラ」と呼んで、天性の感覚で異次元のステージを追求し続けている。

D53009F9-5C5E-4E4C-90C2-653CFE755696.jpeg

ロシオ・モリーナさんの体格は小太りといってもいいくらいで、背もあまり高くない。

しかし踊り出すと体の動きそのものから発しているように感じる「音楽」「リズム」に圧倒された。天分と身体能力と独特な個性がフラメンコに新しい魅力をプラスしていた。

伝説のフラメンコダンサーのラ・チャナが共演した舞台シーン特に必見。大きな愛と優しさが溢れていた。

★撮影カメラがとてもセンスがよく、モリーナの魅力を存分に表していた。
posted by ミッキー at 15:01| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年03月29日

変わらぬ友情の歌に寄せて 4月3日公開『在りし日の歌』

🎬『在りし日の歌』ワン・シャオシュアイ監督/中国/185分/4月3日より角川シネマ有楽町他にて全国ロードショー公開

ヤオジュンとリーユン夫婦は、ひとり息子のシンと中国の地方都市で幸せに暮らしていた。

同じ工場の同僚であるインミンとハイイエン夫婦には、偶然にもヤオジュンとリーユン夫婦の息子と同じ日に生まれた息子ハオがいた。両親たちは、お互いそれぞれの子の義理の父母としての契りを交わし、息子たちは兄弟のように育った。

ある日、ハオは「川で遊ぼう」とシンを誘うが泳げないシンは見ているだけで動かなかった。だが、周りの子らの執拗な呼びかけに川に入ってしまった。そして……。

1E49AC43-E9C3-494E-AC78-7490BCC5B617.jpeg

子ども同士遊んでいて事故にあい死んでしまうのはよくある。夏の水辺では特によく起こる。一人っ子政策の厳しい時代背景では死んだ男の子の親の嘆きは計り知れない。

この二つの家族は男の子が同じ日に産まれたという因縁でお互いの父母を「義親の契り」を結んでいた。シンが水死するまではうまくいっていた、と思いきや、さにあらずだった。

これを書いてしまうと面白味が半減するから書かないが、中国ならではの事情が絡んでくる。

でも、この作品の結末には希望がある。ピカピカの幸せではないが、小さな幸せを大切にして生きていくという慎ましい夫婦が目に焼き付いている。

試写が終わってから上映時間を知ったが、短く感じたのはミッキーだけではなかった。

★在りし日の歌とは卒業式に歌う「蛍の光」で友情よ永久にと歌っている。
posted by ミッキー at 08:52| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする