2020年02月25日

グリーンイメージ国際環境映像祭(4)受賞結果と『蟹の惑星』(今月28日よりキネカ大森で『東京干潟』と上映)

★グリーンイメージ大賞
レッドライン−ハンバッハの森の中の抵抗

★審査委員特別賞
シカの角が赤く染まる季節
ミンガ 抵抗の声

★グリーンイメージ賞
アポカリプス航空−終末へのフライト 
オオカミの群れ 
風はどこから吹くのか 
蟹の惑星 
スモーク テ
ティッピングポイント−迫りくる食糧危機 
東京干潟 
溶けゆく氷河の下で 
なめとこ山 
はるかなる山の子どもたち 
武蔵野−江戸の循環農業が息づく

🎬『蟹の惑星』村上浩康監督/68分

CB72CF49-C421-44E3-A22D-E97E3A004900.jpeg

多摩川河口の干潟でカニの観察を続ける吉田唯義さんを追い、大都会に生息する蟹たち世界をドキュメントしている。

『東京干潟』は観ていたがこれはまだだった。監督さんは山形ドキュメンタリーの時と同じようにトークが面白くて面白くて司会者さんは不用なほど。

小さい蟹さんを誰しも上からしか見ていないが、真正面から見た顔はとっても愛嬌があった。吉田さんは定年後、約20年あると考えて何かその余生を過ごそうかと考え、多摩川河口の干潟の蟹に巡り合った話や、お部屋にうず高く積まれた自筆の研究資料、写真を見せてくれた。

蟹さんもユニーク、吉田さんもユニーク、監督さんもユニーク……ユニーク三昧させてもらった。
posted by ミッキー at 00:30| Comment(0) | 映画祭・映画関連催し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする