2020年02月12日

トーキョーノーザンライツフェスティバル(4)『ロード・オブ・カオス

🎬『ロード・オブ・カオス』ジョナス・アカーランド監督/イギリス、スウェーデン、ノルウェー/日本初上映

ノルウェーを代表する悪名高きメタルバンド「MAYHEM」は、ボーカルの自殺、教会ばかり狙った放火、そして殺人。メタルバンドの青年たちはなぜそんな凶行に走ったのだろうか……。

8DF9DB16-2C47-447F-9F09-FE2A30A48CA0.jpeg

会場はいつもと違う雰囲気だった。メタルバンド風の黒革ジャンに鋲が打ってあるようないでたちの方が数人いらっしゃった。「こんなところに映画館があるとは知らなかった」「俺は18歳からお前の格好してきたけど、今日は映画だから場違いと思って30年ぶりにこんな格好した」と厚手の半コートを着ている男性が言っていた。

映画はすごかった。本当に気軽に「悪いこと」やっちまう。ビクビクしながら見入ったが、音楽は「うるさい」がリズムは超速中、正確だった。

酷いシーンも多々あったが、現実が映画を超えている作品だった。
posted by ミッキー at 08:39| Comment(0) | 映画祭・映画関連催し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする