2020年02月20日

酔いどれ親父の物語 3月6日公開『酔うと化け物になる父がつらい』

🎬『酔うと化け物になる父がつらい』片桐健滋監督/95分/3月6日より新宿武蔵野館他にて全国ロードショー公開

毎日毎日、酒におぼれる父(渋川清彦)と熱心な新興宗教信者の母(ともさかりえ)というちょっと変わった家庭で育ったサキ(松本穂香)は、普段はおとなしいのに酔うと化け物のようになってしまう父が理解できず、家族の崩壊を他人事のように漫画として笑い話にしながら生きていた。

そんなある日、父が病気になってしまい……。

D461B749-A979-4BF0-BDC5-0341CF0A61B0.jpeg

原作は、アルコールにおぼれる父を持った菊池真理子の実体験に基づいたコミックエッセイ。

どうしょうもない酔っぱらいのお父さんをやる渋川清彦さん。素に戻った時の情けないお父さん姿に哀れさより同情さえ感じた。本当はあまり飲めなかったが仕事上でやむなく飲み続けての結果でアル中になってしまったのだ。

ミッキーの家では酒飲みはいないので、田所家の娘たちの苦労は頭でしか理解できないが、酔っ払っても暴力は振るわないし、サキが描くマンガも父親を「悪」としていないところが救いだった。

★最後の最後まで冷静に観ていたが、終わりの1シーンで涙が溢れてしまった。
★酒の飲めない部下を演じた浜野謙太が良かった。
posted by ミッキー at 23:02| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年02月19日

『山中静夫氏の尊厳死』

ここ5日間ばかり毎朝4時半からご近所のコンビニ4軒を早朝散歩と称して一巡りしている。マスクを買うためだ。

コンビニにお勤めの友人が深夜に配達するから朝早くなら売っるはず…と情報を得てるので知り合いに困っている人が2人いるために朝早く行っている。もちろん一人1個だ。確率は6割。5枚から7枚入りのを3つゲットした。

当分続ける予定だが娘たちが知るとヤイヤイ言うだろうが、シドニー娘は月に2回ぐらいしかブログ見ないし、東中野娘は映画好きな友だちにブログの紹介はするが自身はほとんど見ないから当分はバレないはず。そのころにはいっぱい出回っていることを願うばかりだ。


🎬『山中静夫氏の尊厳死』村橋明郎監督/107分

末期の宣告を受けていた肺がん患者・山中静夫(中村梅雀)は自宅のある静岡の病院から今井医師(津田寛治)が勤務する信州の病院にやってきた。今井は付き添う家族のことも考えて静岡の病院で治療する方がと助言するが、山中は「生まれ育った信州の山を見ながら楽に死にたい」と強く希望した。

山中と関わっていくうちに、病院の許可を取って毎日出かける彼の姿に、いろんな事情があることを知る……。

0445D9FB-90D4-4EA2-B69B-601C4207ADE4.jpeg

原作は「阿弥陀堂だより」の南木佳士の同名小説。現役の医師でもある。今井医師を演じる津田寛治さんはたくさんの映画に、重要でも出番の少ないと役どころが多く、物足りなく感じていた。だがこの作品では、あまりにも多くの人の死を見続けていたことから心身ともに疲弊してうつ病になってしまう外科医。主役といってもいい役だ。津田寛治さんの実力を見せてもらって嬉しかった。

患者である中村梅雀さんは養子縁で結婚したので妻(高畑淳子)の実家に気を使いながら生活していて、死ぬときぐらいはわがまま言わせてくれと病院を変えてしまい、自分の故郷の家の近所に自力で墓まで作ってしまう。

いい話に違いないが、妻の気持ちになれば、夫の口から「気を使ってばかりの人生……」といわれていい気持ちしないはず。養子さんだけが気を使ってばかりだったか?親と婿の間で妻だっていろいろ苦労があったと思う。

それに墓は別というなら、ミッキーが同じ立場の妻なら離縁だ。私が腹立てても仕方ないが女の見方、男の見方が大いに違うのではと思った。

★とっても気になったことがあった。今井の妻(田中美里)はいつも今井の体を気遣っている穏やかな人柄で家庭も落ち着いている。でも自家用車の色が🚗真っ赤。それをみて「このご夫婦がこの色の車を選ぶだろうか……」と、ふと違和感を持った。
posted by ミッキー at 06:37| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年02月18日

郷愁を誘う調べの中で2月22日公開『ソン・ランの響き』

🎬『ソン・ランの響き』レオン・レ監督/ベトナム/102分/2月22日より新宿K's CINEMA他にて全国順次ロードショー公開

1980年代のサイゴン。ユン(リエン・ビン・ファット)は借金の取り立て業のもとで働いていて、返済が遅れた客には暴力をふるい「雷のユン兄貴」と恐れられていた。

ある日、ユンはカイルオン(ベトナムの伝統歌劇)の劇場に借金の取り立てに行く。団長が「支払えない」と言うと、舞台衣装にガソリンをかけ燃やそうとしたユンだったが、歌劇団の若きスターであるリン・フン(アイザック)から明日必ず払うと言われ、彼の時計やネックレスをカタに差し出された。

翌日の夜、ユンはリン・フンの芝居を見て美貌と歌声に魅せられて……。

FF795993-B0F2-4CF0-9FF0-D89F41199FFD.jpeg

舞台は、1980年代のサイゴン。孤独な男とベトナム伝統歌劇のスターが会ってから数日間の物語を、ベトナムの民族楽器ソン・ランの音色にのせて描いたもの。

内容は、貧しい生活、借金取りの暴力で悲しい要素がいっぱいあるが、当時のベトナムの様子、カイルオンの舞台、その音曲などでうっとりするほど魅力に溢れていた。リン・フン演じるアイザックさんの素顔の時の上品さ、化粧をした時の艶やかさが目に焼き付いている。

惹かれあった男二人だが心の触れ合いだけで、それ以上のことはない。でも相手を思っての言葉が二人の会話にいっぱい出てくるのだ。それがとても切なく感じた。

★2018年・第31回東京国際映画祭「アジアの未来」部門出品作品。



posted by ミッキー at 21:30| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする