2020年02月23日

グリーンイメージ国際環境映像祭(2)『風はどこから吹くのか』『シカの角が赤く染まる季節』『ミンガ 抵抗の声』

🎬『風はどこから吹くのか』シー・フーファン監督/台湾/60分

台湾のある郊外の人々の暮らしは、町が雇用促進の名のもとで石油プラントを誘致したことで環境が一変した。

一日中、プラントの煙突からは黒い煙がモウモウと吐き出している。


監督さんが育った台湾・雲林県の小さな町で働く場所を得るために、その代償はとでも大きい。大気汚染のもたらす被害は、身体を蝕み、漁が出来なくなったりいている。

毎日400本のエントツから出る汚染物質を耐え忍んで生活するしか手立てのない生活に思考が停止してしまった。


🎬『シカの角が赤く染まる季節』ガリーナ・レオンチェワ監督/ロシア/63分

ロシアのアルタイ山脈の辺境の地で暮らす男たちは鹿の角を生産して生活の糧を得ている。野生の鹿を捕らえて成長させて、角が大きく立派になれば大の男が4、5人で押さえつけてチェーンソーで角の根元から切り落とす……切り口からは血がにじみ出し、その生血が一番強壮剤になると飲む男がいた。

角を切り落とされた鹿はどうなったか、死んでしまうのか、また生えてくるまで飼われるのかわからないが、見終わっても血生臭いシーンがまとわりついて困った。


🎬『ミンガ 抵抗の声』ポリーヌ・デュトロン&ダミアン・シャルル監督/ベルギー/76分

C5C32D09-9DB1-44FE-9E9A-84E944CDF676.jpeg

パタゴニアからメキシコの山々に住む原住民である少数民族たちのコミュニティが蜂起しはじめている。彼らは土地の破壊、命の破壊、独自の言語や風習の破壊を糾弾している。

パタゴニアの土地を守ろうとするマプチェ族、メキシコ南部で新しいコミュニティを作ろうとするサパティスタ民族解放軍、ホンジュラスでより良い社会を目指すレンカ族等々を訪ねる監督カップル。

30以上のコミュニティを訪問している。一つひとつが早く終わってしまうので混乱してしまったが、移動は飛行機をつかわなかったと最後に字幕に書かれていたのが印象に残った。『アポカリプス航空〜』の3分アニメとリンクする貴重な一言だった。
posted by ミッキー at 07:48| Comment(0) | 映画祭・映画関連催し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年02月22日

グリーンイメージ国際環境映像祭(1)『アポカリプス航空ー終末へのフライト(仮題)』『オオカミの群れ』『なめとこ山』

東京に個装されたマスクを3枚持ってきた。1日一枚使うつもりで持ってきた。その個装してある袋に正しいマスクの付け方が書いてあった。

「耳にかけるゴムの付け根のある方が外側」と書いてあった!いままでつけてある方を内側にしていた。なんでもよく読まないといかんなぁと反省している。

🎬『アポカリプス航空ー終末へのフライト(仮題)』Camille TRICAUD & Franziska UNGER監督/ドイツ/3分

アポカリプス航空会社のコマーシャルか?と思ったほどの短さのアニメと実写が混じりあった作品。世界で飛行機に乗れる人は5%、我がアポカリプス航空は燃料サーチャージ代金は入りませんなどラップ調で皮肉っていた。アポカリプスの意味を調べてみたら「天啓」とか「黙示」と出てきた。快適に旅をしたいという欲望を乗せて、飛び立つ飛行機がどんなに環境を汚しているかを訴えている作品だった。

🎬『オオカミの群れ』アリーナ・ナターヒナ監督/ロシア/9分

オオカミと人間の関係を描いたアニメーション。オオカミの子が罠にかかった。やむなく群れの長は見捨てて去るが、猟師がそれを見つけて家につれ帰りしばらく育てることにした。ある夜、オオカミの遠吠えの声を聞いた子オオカミは…。

0A7D4A55-070E-4C6C-A79B-471366D57223.jpeg

まるで墨絵のような映像で9分と言えども起承転結がしっかりしていて見ごたえがあった。まだ少女の面立ちを残したアリーナさんがロシアのモスクワから来日してくださった。こんな状態の日本に来てくれた外国の監督さんはこの方お一人。皆、感激していた。感謝の気持ちでいっぱいになった。

🎬『なめとこ山』ヤカハラ監督/日本/8分

これも短編アニメーション。監督は長野県出身の女性の方。来場はかなわなかったが、これも熊と人間のかかわりを描いていた。撃たれた熊は怪我をしながらも「撃たないでくれ、死ぬまでにやらなければならないことがあるので、2年待ってくれ」と頼む。猟師はそれを聞いてトドメの一発をやめて逃がす。そして2年後……。前作はオオカミ、これは熊と自然界の脅威の動物との共存を短い作品ながら情感を持って描かれていた。
posted by ミッキー at 13:19| Comment(0) | 映画祭・映画関連催し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年02月21日

中国版『ダラス・バイヤーズクラブ』のこと

今から高速バスで名古屋をたちます。6時15分発。今日から始まる「第7回 グリーンイメージ国際環境映像祭」を観るための上京。その前に六本木の試写室で『薬の神じゃない!』を見たいと思っているがバスの到着時間次第だ。

『薬の神じゃない!』は中国の映画で5月公開。2014年に中国で実際に起きた医薬業界の改革のきっかけともなったジェネリック薬の密輸販売事件を映画化。お薬の映画といえばマシュー・マコノヒー主演の『ダラス・バイヤーズクラブ』がある。これも事実のを基にした作品。どんな話か楽しみだ。

B68D1C18-CCB4-4FE0-B4B6-814A3A710C6B.jpeg

まだ先だから詳しくは書けないが、一風変わった中国映画。活劇風と感じたが個性たっぷり(すぎる)俳優陣がお薬で儲けようと策略を練るが、本当に困っている人を目のあたりにして儲け度外視で薬を調達する男を描いている。これ2020年のアジア映画ベストテンに必ず入る❗️といい切れる作品。

明日は今日見たグリーンイメージ映像祭のことを書いてみたい。

posted by ミッキー at 06:16| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする