2019年12月25日

1月10日公開映画 未体験ゾーン的映画『シライサン』『フォードVSフェラーリ』

🎬『シライサン』安達寛高監督、脚本/99分/1月10日より新宿ピカデリー他にて全国ロードショー公開

眼球の破裂した死体が連続して発見されたが、死因は心臓麻痺。不思議なことに死ぬ直前に何かに取り憑かれて怯えている様子だったという共通点があった。親友の香奈(江野沢愛美)を目の前で亡くした大学生の瑞紀(飯豊まりえ)と、弟を失った春男(稲葉友)は一緒に事件の真相を調べ始める。

まもなく2人は事件の鍵を握る女性・詠子(仁村紗和)を探し出したが、彼女も「シライサン……」という謎の言葉を残し、今までの事件と同じように死んでしまう。事件に目をつけた雑誌記者の間宮も加わって「シライサン」の呪いが明らかになっていくが……。

12695EBB-0B74-4B3D-B35B-0DF167029A16.jpeg

まさかミッキーの本名が映画の題名になるとは❗️名古屋松竹の配給さんからDVDをお借りしてじっくり見た。飯豊まりえさんの怖がりようが尋常じゃないところが気に入った。彼女は生来の怖がり屋さんかもしれない。監督さんは人気小説家の乙一さんこと安達寛高氏が長編監督デビュー。もちろん脚本も手がけいる。

最初、瑞紀と香奈が変な話をしていた。「結婚式の写真で、拍手する写真が皆偶然にもピタッと両手を合わした形なの、偶然にしても奇妙だと思わない?」この写真は出ないで、言葉で想像させて恐怖を煽っていた。これ、ホラー好きには「聞いて勝手に想像して怖がる」という醍醐味が堪らない。音や悲鳴などより長く残る恐怖感だ。

最初にこれで、中間に染谷くんが指を動かしながら怖い話を語るシーンがこれまた不気味……そして最後に……と、まあ観ていただくしかない作品。

🎬『フォードVSフェラーリ』ジェームズ・マンゴールド監督/アメリカ/153分/1月10日よりTOHOシネマズ日比谷他にて全国ロードショー公開

ル・マンでの勝利を目指すフォード社から依頼を受けた元レーサーで、今はカーデザイナーのキャロル・シェルビー(マット・デイモン)は、常勝のフェラーリ社に勝つためにフェラーリを超える新しい車の開発と優秀なドライバーの獲得が早急な仕事だった。

彼はは破天荒なイギリス人レーサーのケン・マイルズ(クリスチャン・ベール)に目をつけた。上層部からは懸念する意見も出たがマイルズをチームに引き入れることに成功した。


1966年のル・マン24時間耐久レースで王者フェラーリに挑んだフォードの男たちを描いた。

これは正月気分を吹っ飛ばすのに超最適映画。会社対会社、技術者対技術者、レーサー対レーサー、そして名優対名優。それぞれの立場での臨場感あふれる実話。153分はあっという間だった。

監督さんは『ウォーク・ザ・ライン 君につづく道』のジェームズ・マンゴールド。
posted by ミッキー at 17:24| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする