2019年12月16日

『私のちいさなお葬式』今池シネマテークにて

山形ドキュメンタリー映画祭で観た『アリ地獄天国』で初めて知った「ブラック企業大賞」。今月23日に発表される。

ブラック企業大賞実行委員会は2019年のブラック企業大賞のノミネート企業9社を発表。今年ノミネートされたのは、KDDI、セブン-イレブン・ジャパン、電通、ロピア、長崎市、トヨタ自動車、三菱電機、吉本興業、楽天。

過去にもノミネートされた会社もあって寒々しい世の中を感じる。ミッキーの予想は残業代不払い問題のセブン-イレブン・ジャパン。

🎬 『私のちいさなお葬式』ウラジミール・コット監督/ロシア/100分

2FF666DF-9620-4379-B297-9D4FD24E6364.jpeg

ロシアのとある村で暮らしている73歳の元教師エレーナ(マリーナ・ネヨーロワ)は、医者から心臓疾患でいつお迎えが来てもおかしくない体と宣告された。

病院の帰りに教え子だったワレーラ(アルチョーム・レシチク)から大きな鯉を無理やり押し付けられたエレーナは、自分の家に持ち帰り、ワレーラに仮死状態にされた鯉をそのまま冷凍庫に入れた。

それからまもなく台所で倒れたエレーナは、病院に運ばれるが、母が倒れた知らせを受けて都会で事業に成功している息子オレク(エヴゲーニー・ミローノフ)は駆け付けるが、退院するために付き添って家に帰るや否やお金を置いて、緊急の仕事連絡が入って帰ってしまった。それでもエレーナは仕事に成功した息子を誇りに思っていて……。


やられた!すっごくいい!何もかも文句なし!もちろんパンフレットを買った。外国映画部門のベストテンに入れた。

たくさんの方に観ていただきたいので何も書かない。ベストテン書こうと思っている方には是非とも観ないと後悔する!と伝えておきたい。明日ももう一度観に行こうかと思っているぐらいだ。

★監督さんは『草原の実験』のアレクサンドル・コット監督の双子の兄。
posted by ミッキー at 05:10| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする