2019年12月09日

妻や娘へ、愛の証を築く 12月13日公開『シュヴァルの理想宮 ある郵便配達員の夢』

🎬『シュヴァルの理想宮 ある郵便配達員の夢』ニルス・タヴェルニエ監督/フランス/105分/12月13日より角川シネマ有楽町他にて全国順次ロードショー公開

9B0292E9-A853-4828-BBF9-930014C31382.jpeg

1879年、フランス南部ドローム県の片田舎・オートリーヴに住む郵便配達員のジョセフ・フェルディナン・シュヴァルは、愛娘のために「おとぎの国の宮殿」を作る決意をする。きっかけは「道端の石ころにつまずいてこけてしまった時に、その不思議な形をした石をじっと見ていてインスピレーションが湧いた」ということだ。それから33年の間、たった一人で石を積み上げ完成させた。

無口で不器用な郵便配達人の男が、配達コースが変更になって巡り合った女性フィロメーヌから「初めての郵便配達さんね。ちょっと待って」とお水を持ってきてくれた。それがきっかけで結婚、女の子にも恵まれた。村人たちはあんな変わり者の男が結婚しただけでも相当びっくりしていた。

郵便配達人が主人公の名画がある。イタリアの『イル・ポスティーノ』、イギリス、ポーランドの『ゴッホ 〜最期の手紙〜』、中国の『村の郵便配達』があるが、ここにフランスの『シュヴァルの理想宮 ある郵便配達員の夢』を+したい。

⭐️今では、フランス政府指定の重要建造物の「シュヴァルの理想宮」は観光名所になっている。
posted by ミッキー at 18:37| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする