2019年12月02日

第20回東京フィルメックス受賞作品発表 来年公開 ・日本映画『ロマンスドール』少し

★最優秀作品賞:『気球』(中国/ペマツェテン監督)

★審査員特別賞:『春江水暖』(中国/グー・シャオガン監督)

★スペシャル・メンション:『つつんで、ひらいて』(日本/広瀬奈々子監督) 『昨夜、あなたが微笑んでいた』(カンボジア・フランス/ニアン・カヴィッチ監督)

★学生審査員賞:『昨夜、あなたが微笑んでいた』(カンボジア・フランス/ニアン・カヴィッチ監督)

★観客賞:『静かな雨』(日本/中川龍太郎監督)

★タレンツ・トーキョー・アワード 2019:「About A Boy」(インドネシア/シヌン・ウィナヒョコ監督)

★タレンツ・トーキョー・アワード 2019 スペシャル・メンション:「Skin of Youth」(ベトナム・アメリカ/アッシュ・メイフェア監督) 「Plan 75」(日本/水野詠子プロデューサー)


今日、試写で🎬『ロマンスドール』を観た。昔のダッチワイフを今はロマンスドールというそうな。

高橋一生演じる芸大彫刻科卒業でアルバイト感覚で入ったのが「ロマンスドール」の会社。しばらく働くうちに仕事を丁寧に教えてくれる兄貴分(きたろう上手い!)のおかげでいっぱしのロマンスドール作りに成長する。しかし実際には女に触ったのは3年前で手触りなど新鮮な実体験がないので……という面白いストーリー。

一目惚れの恋人に蒼井優、工場のおばちゃんに渡辺えり、工場の社長にピエール瀧。男目線、女目線、どの角度からも新鮮な物語だ。

監督はタナダユキ。蒼井優ちゃんとは『百万円と苦虫女』から12年ぶりのコンビ。
posted by ミッキー at 11:10| Comment(0) | 映画祭・映画関連催し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする