2019年12月28日

シドニーで映画三昧(2)『Knives Out』Newtown Dendyシネマ

こちらは7時、日本はまだ5時。腕時計はシドニー時間にして間違いないようにしている。クリスマス🎄すんでもこちらでは「メリークリスマス!」と挨拶している。日本で言う「良いお年ををお迎えください」はどんな言葉だろう。娘が起きたら聞いてみよう。

今日の朝ご飯はミッキー1人。りんご、さくらんぼ、五穀パン、コーヒー☕️、カッテージチーズ、庭でなっているプチトマト3個等々をボソボソと食べている。わんちゃんがねだるようにそばから離れない。カッテージチーズを少し舐めさせたけど娘には内緒だ。

🎬『Knives Out』ライアン・ジョンソン監督/アメリカ/131分/Newtown Dendyシネマにて

ニューヨーク郊外の別荘地に住む有名なミステリー作家ハーラン・スロンビー(クリストファー・プリマー)の85歳の誕生日パーティーが屋敷で開かれた。その翌朝、彼の寝室で遺体となって発見された。

依頼を受けた名探偵ブノワ・ブラン(ダニエル・クレイグ)は、莫大な資産を抱えるハーランの子どもたちとその家族、家政婦、専属看護師、屋敷にいた全員が事件の容疑者となり得るので個別に事情聴取する。

大金持ち一族の裏に隠れた複雑な人間関係があぶりだされて……。


日本では来年1月末公開で『ナイブズ・アウト/名探偵と刃の館の秘密』が邦題。監督さんがアガサ・クリスティーに捧げたものでオリジナルの密室殺人ミステリー。

豪華俳優人はいうまでもないが、それぞれが今までの雰囲気とは違う性格になっている。

「007」シリーズのダニエル・クレイグはちょっととぼけた感じ、クリス・エバンスはいいとこのボンボン丸出し、、マイケル・シャノンはおとなしい……等々。

★台詞が炸裂するので細かい所は追い切れないが、会場からはクスクスやワハハが度々聞こえた。
★邦題は『ナイブズ・アウト 名探偵と刃の館の秘密』

posted by ミッキー at 05:15| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年12月27日

シドニーで映画三昧(1)『Portrait of a Lady on Fire』

🎬『Portrait of a Lady on Fire』セリーヌ・シアマ監督/フランス/120分/Newtown Dendy(理解度半分以下)

18世紀のフランスの離れ小島。この島に若い女性画家(ノエミ・メルラン)が金持ちの嫁入りまえのお嬢様の結婚のための見合い絵(今でいう見合い写真)を描きに来た。でもそのお嬢様(アデル・エネル)は結婚には気乗りしていない様子だ。

召使の小娘はどうも妊娠しているようで女主人の旅行中に画家とお嬢様が堕胎の手助けをしている(これは確実!でも失敗)だが島には女しかいない……相手は誰だ?(これは後でわかる)

そしてお嬢様と画家は離れがたい気持ちになって……。

95707514-34E5-4719-B505-9BB5440E7980.jpeg

うーん、やっぱりこうなるかぁ。監督さんは『水の中のつぼみ』『トムボーイ』の方だからこうなることはわかっているが、細かい経緯はわからないが、結末で納得。途中すっ飛ばして納得とは調子がいいミッキー💦

前作2作品は「あいち国際女性映画祭」で上映されたからこの新作もきっと来年あたり字幕付きで観られることを期待したい。
posted by ミッキー at 16:27| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年12月26日

ゆれゆれ✈️機内で映画三昧 『The White Storm2- DrugLords』(掃毒2/天地対決)

おはようございます。昨日無事にシドニーに到着。30度前後の気温で皮膚からじわぁ〜と汗が出る。いつもこの時期に来ているが寒暖は一日で変化して、夕方は薄手の上着を羽織る。間借りをしている日本人ご夫婦は泳ぎに行かれたが寒くてそれどころではなかったと帰って見えた。

娘夫婦から映画券、東中野の娘からは現金(荷物の中に手紙と共に知らぬ間に入っていた)ウヒヒ😃当分小遣いには困らない。お昼は果物(🍎、マンゴー日本円で150円ほど!、🍇、🍓、アメリカンチェリー)五穀パン、コーヒー☕️、ボンレスハム、玉ねぎの酢の物など手際よく出してくれた。

何よりワンチャンたちが覚えていてくれて嬉しかった。着いた日は映画館は行かずにワンチャンの散歩だけにした。

機内で見たのは、アンディ・ラウ 復帰第一作目 『The White Storm2- DrugLords』(掃毒2/天地対決)‼️

EE9E0725-D811-48D1-B494-34AD73A0059F.jpeg

✈️『The White Storm2- DrugLords』(掃毒2/天地対決)ハーマン・ヤウ 監督/ 中国

復帰と聞いてもピンとこないミッキー。2017年にCM撮影で落馬したこと初めて知った。そして約3年経って復帰作がこれ。

昔は裏社会で信頼しあっていた仲だったが、その後、足を洗い表社会で成功をおさめ金融界の大物になった主人公アンディ・ラウ。一方、アンディ・ラウに恨みを抱き続けて裏社会で薬物流通で大元締めになったルイス・クー。

まず、今までより精悍になったアンディ・ラウさんがとっても素敵だった。ストーリーはよくあるものだが男たちの個性が際立っているので観やすくできている。特に地下街のカーチェイスは見もの。

★これいつ公開されるのか未定だが、2020年の大阪アジアン映画祭で大目玉で上映されないかと勝手に期待している。

posted by ミッキー at 03:31| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする