2019年11月19日

こじれ夫婦のドロドロ離婚騒動 11月29日公開『マリッジ•ストーリー』

昨日試写で来年外国映画でベストテンに入るくらい面白い映画に出会った。公開は1月17日アメリカ映画『ジョジョ・ラビット』がそれ。

ドイツ映画では作れない(と思う)ヒトラーもので、別れ、悲しみをユーモアを持って描かれていた。もちろんほぼ全編英語。トロント映画祭で観客賞を受賞した作品。

主演は可愛い坊やちゃんだがお母様にはスカーレット・ヨハンソン!すっかり母親役が板についてきたヨハンソン。

今日はヨハンソン主演の『マリッジ・ストーリー』を紹介したい。

🎬『マリッジ•ストーリー』ノア•バームバック監督、脚本/アメリカ/136分/11月29日公開よりアップリンク渋谷他にて期限限定上映、その後Netflixで12月6日より配信

391FC2E5-CBBB-422B-B9A2-60BA91F6EFAE.jpeg

女優のニコール(スカーレット•ヨハンソン)と夫で映画監督・脚本家のチャーリー(アダム・ドライバー)の結婚生活に陰りが出てきた。一人息子のためにも冷静に話し合って離婚に向けて円満に協議離婚しようと思っていた2人だったが、溜め込んでいた不満が爆発して双方弁護士をたてて争うことになって……。

『イカとクジラ』『ヤング・アダルト・ニューヨーク』のノア・バームバック監督だ。2作品とも大好きな作品。新作も期待を裏切らなかった。アメリカの離婚の凄まじさ、弁護士選びの難しさ、子どもの問題、夫婦以外の親族の思惑等々を赤裸々(それ以上だ)に描いている。

特にニコールについた女性弁護士のローラ・ダーン。やり手だがこの方が登場してから「揉めに揉めまくる」から旦那さまがかわいそうになってくる。

こんなに離婚でエネルギー、お金、時間を使って疲れ果てるなら……と、この作品を見て考え直す方もきっといらっしゃるはず。問題はお一人で観るかご夫婦で観るかだ。

posted by ミッキー at 08:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする