2019年11月07日

東京国際映画祭2019 (8)公開必至⁉︎『ジャスト 6.5』『動物だけが知っている』『死神の来ない村』

🎬『ジャスト 6.5』サイード・ルスタイ監督/イラン/134分/コンベティション

薬物撲滅警察特別チームのサマド(ペイマン・モアディ)は大物の売人ナセル・ハクザド(ナヴィド・モハマドザデー)を何度も追っていたが、ついに彼の住処に追い詰めたが……。

題名の『ジャスト 6.5』は、刑事部長の台詞「俺が警察に入ったころは100万人だったが、長年、多くの麻薬売人を逮捕して死刑にしたが、今では650万人に増えた!」から取ったもの。

取り締まっても死刑にしても次々と麻薬売人は減少しない理由はイランが働き口がなく生活が苦しくて「麻薬売人」以外に生きていく手立てがない国情だからだ。彼らたちの住んでいるところは、土管が山積みされた場所で、その一つ一つに何人かが住んでいる。子どももいた。皆、麻薬を売ったり吸ったりして生きている最底辺の人々だ。

★サマドは荒々しい捜査で芋づる式に手柄をたて死刑にするが、その死刑場面も集団(一度に10人以上)でやる場面は鳥肌がたった。


🎬『動物だけが知っている』ドミニク・モル監督、脚本/フランス/116分/コンペティション

雪嵐の山深い村の道で車だけ残して女性が忽然と消えた。隔絶されたような村で5人の人たちが、その謎に捕らわれて……。

最高の群像サスペンス❗️最後のシーンで観ている全員が息をのんだ❗️公開が待たれるが1日も早くとお願いしたい作品。


🎬 『死神の来ない村』レザ・ジャマリ監督脚本プロデューサー/イラン/85分/アジアの未来

5C7A0660-84A2-4795-A919-B7146EB5440C.jpeg

若いころ戦争で過酷な経験をしたアスラン(ナデル・マーディル)も今や100歳になる。村に住む人たちもほぼ100歳前後だ。

彼がこの村に来てから45年、1人も死人が出ていないので、皆は「軍隊時代の罪が祟っているのだ」という噂まで飛び交う有り様だ。
老人たちは体も不自由になり自殺しか死ぬ方法はないものかと思い始めていて……。


風刺がきいていて面白い作品。

死神さんが来ないなんていい村じゃないの、と思いながら観たが、気力もなくよぼよぼだけど死ねないのは困る。

どうにか歩けるので気がよくて美人の店主の経営する村の喫茶店に入り浸っていたり、時には温泉に入ったりしている。でも病人が出るといつ死ぬかと心待ちにして、持ち治すと正直にがっくりしていた。そんなに死神を待っているのかと思いきや……。是非公開してほしい❗️



posted by ミッキー at 18:19| Comment(0) | 映画祭・映画関連催し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする