2019年11月01日

11月1日公開映画『人生、ただいま修行中』『閉鎖病棟ーそれぞれの朝〜』明日からは再び東京国際映画祭

🎬『人生、ただいま修行中』ニコラ・フィリベール監督/フランス/105分

759A74DF-2782-4B06-8F46-4ABA4B9878C6.jpeg

パリの郊外にあるクロア・サンシモン看護学校では、年齢、性別、国籍、出身地、宗教などが違う生徒たちが学んでいる。

看護に関しては何もわからない生徒さんたちは、看護師の心構え、知識などを学んでいく。
手洗いの指導から始まって医療器具の扱いなど「白衣の天使」になるまでに覚えなければならないことが山積みだ。そんな彼らを追ったドキュメンタリー。

ニコラ・フィリベール監督は『パリ・ルーブル美術館の秘密』『音のない世界で』『ぼくの好きな先生』『かつて、ノルマンディーで』の方でじっくり腰を据えて撮られる監督さんだ。11年ぶりの新作。

舞台はパリ郊外の看護学校だ。看護学校なら世界中できっと同じようなことをしているのだろうと思うが、ここフランスでは初めての経験をする新入生たちの戸惑いや「こんなこと自分にできるだろうか」という恐れ、不安が正直に表れていた。

★驚いたのは男の人にもお腹に何かを巻いて妊婦体験させていたこと。

🎬 『閉鎖病棟ーそれぞれの朝〜』平山秀幸監督/117分

長野県小諸のとある精神科病院。
殺人で死刑宣告を受けたが、死刑執行が失敗して生きながらえてしまった男・梶木秀丸(笑福亭鶴瓶)。サラリーマンをしていたがある日突然幻聴が聞こえ、妹夫婦からも疎んじられているチュウさん(綾野剛)。家庭に問題があって不登校により悩んでいる女子高生由紀(小松菜奈)。

様々な事情や過去を抱えながらも、この精神病院の患者さんたちのほとんどの人は、明るく生きていこうとするが、院内で殺人事件が発生して……。

俳優という職業は役作りという「引き出し」をいったいいくつ持っているのだろう。そんなことを強く感じさせてくれた方が主役を演じる笑福亭鶴瓶さんだ。

これは東京と名古屋で2度観たが2度目の方が深く感じ入った。
posted by ミッキー at 11:09| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする