2019年11月19日

こじれ夫婦のドロドロ離婚騒動 11月29日公開『マリッジ•ストーリー』

昨日試写で来年外国映画でベストテンに入るくらい面白い映画に出会った。公開は1月17日アメリカ映画『ジョジョ・ラビット』がそれ。

ドイツ映画では作れない(と思う)ヒトラーもので、別れ、悲しみをユーモアを持って描かれていた。もちろんほぼ全編英語。トロント映画祭で観客賞を受賞した作品。

主演は可愛い坊やちゃんだがお母様にはスカーレット・ヨハンソン!すっかり母親役が板についてきたヨハンソン。

今日はヨハンソン主演の『マリッジ・ストーリー』を紹介したい。

🎬『マリッジ•ストーリー』ノア•バームバック監督、脚本/アメリカ/136分/11月29日公開よりアップリンク渋谷他にて期限限定上映、その後Netflixで12月6日より配信

391FC2E5-CBBB-422B-B9A2-60BA91F6EFAE.jpeg

女優のニコール(スカーレット•ヨハンソン)と夫で映画監督・脚本家のチャーリー(アダム・ドライバー)の結婚生活に陰りが出てきた。一人息子のためにも冷静に話し合って離婚に向けて円満に協議離婚しようと思っていた2人だったが、溜め込んでいた不満が爆発して双方弁護士をたてて争うことになって……。

『イカとクジラ』『ヤング・アダルト・ニューヨーク』のノア・バームバック監督だ。2作品とも大好きな作品。新作も期待を裏切らなかった。アメリカの離婚の凄まじさ、弁護士選びの難しさ、子どもの問題、夫婦以外の親族の思惑等々を赤裸々(それ以上だ)に描いている。

特にニコールについた女性弁護士のローラ・ダーン。やり手だがこの方が登場してから「揉めに揉めまくる」から旦那さまがかわいそうになってくる。

こんなに離婚でエネルギー、お金、時間を使って疲れ果てるなら……と、この作品を見て考え直す方もきっといらっしゃるはず。問題はお一人で観るかご夫婦で観るかだ。

posted by ミッキー at 08:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年11月18日

Netflix「月影の下で」

🎬「月影の下で」ジム•マイクル監督/アメリカ/115分/2019年

1988年、フィラデルフィア。数人がほぼ同時に目、鼻、口などから大量に出血。あっという間に死んでしまう。1人はコンサート中の男性ピアニストが舞台で血まみれでばったり。女性バス運転手は運転中に他の車にぶつかり死亡、ピザ屋の料理人は熱い鉄板の上で息絶えていた。

警官のトーマス(ボイド・ホルブルック)はその死体には刺されたような傷口がある共通点を見つける。

不可思議な殺人はそれからも続いたが、ある女性被害者が数十分生きていたので容疑者の様子が聞けた。犯人と思しき若い女性(クレオパトラ・コールマン)は不思議なことに、警察官トーマスの妻は女の子を産むと言って姿を消した。彼は異様に事件に執着して捜査に全人生をかけていくが……。

2552D709-163D-4BB4-9E64-EF81AD7B32EC.jpeg

一言でいえば「風変わりな作品」。はじめは街のあちこちでバタバタと死んでいくパニック映画で、この先、大変なことになるはずと期待するが、途中からSFものになる。

若い女性が1988年から9年ごとに(最終は未来の2024年)現れて、どういう細工かはわからないが遠隔操作で殺人をおかしていくというもの。

警察官トーマスの私生活(奥様は女の子を出産後に死んでしまう)も娘の成長を含めて描かれているが、それも事件に組み込まれているなど一回見ただけではわからなくて巻き戻して見てしまった。

現実には考えられないストーリーだが警官役の方がとても普通っぽくてよかった。
posted by ミッキー at 20:51| Comment(0) | DVD Netflix | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年11月17日

「全裸監督」のモデルとなった伝説の男の半生を追う!11月30日公開『M/村西とおる 狂熱の日々 完全版』

いつも夜中に一度目が覚める。ふとiPadを見ると「沢尻エリカ」の文字が目に飛び込んできて、次に「逮捕」と入ったので一気に目が覚めた。気に入ってた女優さんだったのに本当に悲しい。合成麻薬MDMAというのも初めて知ったが調べてみると相当強烈なもので、サプリメントの錠剤のような製品で売買されて値段もそう高くない、と書いてあった。

🎬『M/村西とおる 狂熱の日々 完全版』片嶋一貴監督/109分/11月30日よりテアトル新宿、丸の内TOEI他にて全国順次ロードショー公開

1996年夏、50億円の負債を追った村西とおるは挽回するために、北海道で世界初となる4時間超のDVD用Vシネマと35本のヘアヌードビデオの撮影を同時にスタートさせる。しかし、その撮影現場は苛烈を極めてアクシデントも多い。難行する撮影は人間関係をも崩壊させていき……。

DB735ACC-B032-40E2-8600-019B870BA1A6.jpeg

借金50億円、前科7犯という破天荒な人生で「AV界の帝王」の呼ばれ、武正晴監督、山田孝之主演のNetflixオリジナル作品「全裸監督」のモデルにもなった「村西とおる」のドキュメンタリー。

当時のメイキング映像は撮影時の様子そのままに人間性、時代性を赤裸々に見せてくれた。

始めにかの有名な黒木香さんが村西氏を褒めたたえるシーンだ。これだけで映画代はチャラになるので絶対に遅刻なしで劇場に。

その他、片岡鶴太郎、西原理恵子、高須克弥さんたちから村西という人間の本質をコメントしている。このコメントしている個性的な方々を束にしても村西氏の破天荒な個性にはかなわない。
posted by ミッキー at 11:03| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする