2019年10月22日

『ハリウッド1969 シャロン・テートの亡霊』シネマスコーレにて

山形から名古屋に帰って来たらすぐにでも観たいと思っていたダニー・ボイル監督『イエスタディ』を早速観に行った。ところが評が良いわりには退屈して得意の居眠り(-.-)Zzz・・・・をしてしまった。まあ、そのおかげで体力快復にはなった。ビートルズファンにとっては見逃せない作品だろう。

今日はスコーレで上映の『春画と日本人』や『ハリウッド1969 シャロン・テートの亡霊』 を観たいと思っている。

🎬『ハリウッド1969 シャロン・テートの亡霊』ダニエル・ファランズ監督/アメリカ/90分/名古屋シネマスコーレにて

カリフォルニア州シェロ・ドライヴ100050番地の丘に建てられたプールつきの豪華な屋敷に『戦場のピアニスト』のロマン・ポランスキー監督と妻で新進の人気女優のシャロン・テートが引っ越して来た。

若妻のシャロンにはもうすぐ臨月でお腹がはち切れんばかり。誰からみても最高のカップル、最高の住環境、親しい友人に囲まれた彼女だったが、この家に来てから、ずっと悪い夢を見るのだった。

389DBFF4-589C-4AE8-B5B1-8234AB1CDFCD.jpeg

急な来客で今日は『ハリウッド1969 シャロン・テートの亡霊』だけ。

うまく作られている。時の流れは前後するがそれで混乱することはなかった。時々当時の事件ニュース映像が映されて緊迫感、臨場感は半端ではない。
途中でこれは「想像の作り物」と思わせておいて、最後にちゃんと辻褄合わせをしているので納得した。

★ロマン・ポランスキーとシャロン・テートが出会った『吸血鬼』のポスターが貼ってあった。
posted by ミッキー at 10:25| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする