2019年09月27日

9月27日公開映画(1)『任侠学園』『ホテル・ムンバイ』

🎬『任侠学園』木村ヒサシ監督/119分/名古屋109シネマズにて

困っている人をほっとけない義理と人情に厚すぎるヤクザ阿岐本組組長(西田敏行)は社会や文化的事業に目がなく、次から次へと厄介な頼みごとを引き受けてしまう。

今度は経営不振の高校の建て直し。阿岐本組NO.2の日村(西島秀俊)は学校には良い思い出がないので関わるのは嫌だったが、親分の頼みは断れないので、子分たちを連れて学園に向かう。しかし校長を始め教員たちまでが事なかれ主義で、生徒たちはイマドキの無気力・無関心の高校生だった。

AC1117BE-7E86-4FF6-96AE-CB57F39184F4.jpeg

西島ファンとしては主日初回に109シネマズに行ったがミッキーあわせて4人。寂しい限りだ。

映画はとっても楽しめた。脚本がいいのか組長の西田のしゃべり方がいいのか納得のいく言葉に頷きなから観た。

これはシリーズ化もありだなぁと思っていたら、最後エンドロールあとに、電話がかかってきて「今度の仕事は温泉ですか」と西島さんが答えて劇場に明かりがついた。

乗っ取られた学園も実際にあって理事長がかわる事例はあるにはあるが、温泉地なら熱海、伊豆方面でだけでも少なくとも二ヶ所は乗っ取られた事件を知っている。だから事例には困らないはずだ。原作に「任侠温泉」がなくてもシリーズ化してほしい。もちろん西西コンビで。


🎬『ホテル・ムンバイ』アンソニー・マラス監督/オーストラリア、アメリカ、インド/123分

2008年にインド・ムンバイの歴史ある「タージマハル・パレス・ホテル」でイスラム武装勢力による同時多発テロが勃発。 テロの始まりはムンバイの駅で100人以上の乗客、駅員を無差別に射殺。逃げ惑う人々はタージマハル・ホテルなら安全と逃げ込んだ中にテロリストが混じっていたことから、ホテル内部での3日間がはじまる。

もうハラハラドキドキを通り越して試写室から逃げ出したくなった。主演は『スラムドッグ$ミリオネア』のデブ・パテル。

宿泊客を無事に逃がすために、ホテルマンたちの誇りをかけて、特殊部隊の到着までの過酷な数日間を描いている。

つい10年あまり前のことだが、実際には当時のテロ事件の記憶がない。少年たちを洗脳してテロを実行させた首謀者がまだ捕まっていないとエンドロール後に出て、しばらく立ち上がることが出来なかった。
posted by ミッキー at 13:56| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする