2019年09月26日

『セカイイチオイシイ水〜マロンパティの涙〜』

🎬『セカイイチオイシイ水〜マロンパティの涙〜』目黒啓太監督 /日本/91分

映画は知らないことを分かりやすく教えてくれる。フィリピンと日本の戦争中の禍根は知っていても、マニラから300キロ南にあるハナイ島のバンタンの水のことは知らなかった。

井戸をほってもすぐに塩水になる地域で幼い時から塩水で育った子供たちが死んだり腎臓を患ったりしている。

そこの地から、日本のNGO「アジア協会アジア友の会」に井戸を掘ってほしいと電話がかかってきた。たまたま電話をとった岩田(赤井英和)はすぐに現地に行き、井戸ではだめだとわかり、島で唯一飲み水として認められている水源から、丘を越えてパイプラインを引く工事「パンダン飲料水パイプライン建設事業」を計画。

地元有力者の不理解、資金繰りの苦労など幾多の困難を乗り越え、地元の若者、日本からのボランティアの協力で長い月日をかけて完成。その一部始終を描かれていた。

こんなに水が貴重な中で女子大生がボランティアに参加する。わけもわからず友人と一緒に来る予定が、誘った方の女の子が急病で一人になった明日香さん。髪は長くサラサラヘア。様子がわからなくて来た当初は仕方ないが、普通なら女の子だからシャンプーできないのは大ピンチなはず。でも長い髪は長くてきれいなまま。後ろで束ねている時もあったが、演出として監督さんの未熟さを感じた。

一度日本に戻りアルバイトして2度目に来た時も長さも変わらずサラサラ……。映画で知識を得たし水の大切さは学んだが、この頭髪一つで説得力のない作品になってしまった。



posted by ミッキー at 20:13| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする