2019年09月16日

DVD『吸血鬼』

昨日、名古屋シネマスコーレで上映している『ハリウッド1969 シャロン・テートの亡霊』を観に行ったが、映写機トラブルで中止になっていた。今日から福岡アジアフォーカス映画祭にいくのでもう観られないと思っていたら、来月1週間特別に上映すると聞いてホッとした。

以前ポランスキー監督とシャロン・テートのなれそめとなった『吸血鬼』を思い出した。

🎬『吸血鬼』ロマン・ポランスキー/1967年

ABF748AF-583A-4C8D-BBD3-2889952BED47.jpeg

アブロンシウス教授(ジャック・マッゴーラン)は助手であるアルフレッド(ロマン・ポランスキー)を連れて吸血鬼を退治する旅に出た。雪の中、トランシルバニアの片田舎の宿にたどり着いたが、その宿の天井のいたるところににんにくがぶら下がっていた。この近くにバンパイヤがいると感じた二人。

夜になって教授が宿の主人の後をつけると女中部屋に入っていく。それを女房レベッカに見つかって大騒ぎになった。

アルフレッドは、宿の娘で風呂ばかり入っている美しい娘サラ(シャロン・テイト)に一目惚れ。その彼女はフロ場で赤マントを着た怪しい紳士にさらわれてしまう。

ホラー度は低いが吸血鬼の伝説に忠実でコメディ的要素もあった。それにしてもポランスキーが一目惚れするはずだ。シャロン・テートのお美しいこと。
posted by ミッキー at 07:22| Comment(0) | DVD | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする