2019年09月30日

2019年9月のブログ・リスト

2019年9月のブログ・リスト
9月1日8月30日公開映画( 2)『ガーンジー島の読書会の秘密』『やっぱり契約破棄していいですか⁉︎』
http://mikki-eigazanmai.seesaa.net/archives/20190901-1.html
9月2日 バンド「the pillows 」が好きな女の子を、好きになった男の子の物語 9月13日公開『王様になれ』
http://mikki-eigazanmai.seesaa.net/archives/20190902-1.html
9月3日 自転車の乗れない自転車店主がいた 9月14日公開『今さら言えない小さな秘密』
http://mikki-eigazanmai.seesaa.net/archives/20190903-1.html
9月4日 三谷監督、新作は政界コメディー 9月13日公開『記憶にございません!』
http://mikki-eigazanmai.seesaa.net/archives/20190904-1.html
9月5日あいち国際映画祭2019(1)『And Then They Came for Usa(そして私たちの番がきた)』
http://mikki-eigazanmai.seesaa.net/archives/20190905-1.html
9月6日あいち国際映画祭2019(2)『紅花緑葉(原題)』
http://mikki-eigazanmai.seesaa.net/archives/20190906-1.html
9月7日あいち国際映画祭2019(3)『過ぎた春』
http://mikki-eigazanmai.seesaa.net/archives/20190907-1.html
9月8日 蒸気に包まれて、裸のお付き合い 9月14日公開『サウナのあるところ』
http://mikki-eigazanmai.seesaa.net/archives/20190908-1.html
9月9日 東京映画三昧デー(1)『ザ・ネゴシエーション』『ブラインドスポッティング』
http://mikki-eigazanmai.seesaa.net/archives/20190909-1.html
9月10日 東京映画三昧デー(2)『ザ・クレイジーズ細菌兵器の恐怖』
http://mikki-eigazanmai.seesaa.net/archives/20190910-1.html
9月11日 東京映画三昧デー(3)『ドリラー・キラー』
http://mikki-eigazanmai.seesaa.net/archives/20190911-1.html
9月12日『台風家族』『ヒンディー・ミディアム』
http://mikki-eigazanmai.seesaa.net/archives/20190912-1.html
9月13日 おっさんシンクロチーム、フランスに続いてイギリスも参戦!9月20日公開『シンクロ・ダンディーズ!』
http://mikki-eigazanmai.seesaa.net/archives/20190913-1.html
9月14日 アナベル人形の封印がとかれて 9月20日公開『アナベル 死霊博物館』
http://mikki-eigazanmai.seesaa.net/archives/20190914-1.html
9月15日 喉力で勝負!9月27日公開『宮本から君へ』
http://mikki-eigazanmai.seesaa.net/archives/20190915-1.html
9月16日 DVD『吸血鬼』
http://mikki-eigazanmai.seesaa.net/archives/20190916-1.html
9月17日 アジアフォーカス・福岡国際映画祭(1)『自由行』
http://mikki-eigazanmai.seesaa.net/archives/20190917-1.html
9月18日 アジアフォーカス・福岡国際映画祭(2)『アルファ 殺しの権利』『電気海月のインシデント』
http://mikki-eigazanmai.seesaa.net/archives/20190918-1.html
9月19日 アジアフォーカス・福岡国際映画祭(3)『轢き殺された羊』『誰かの妻』
http://mikki-eigazanmai.seesaa.net/archives/20190919-1.html
9月20日 アジアフォーカス・福岡国際映画祭(4)『マンタレイ』
http://mikki-eigazanmai.seesaa.net/archives/20190920-1.html
9月21日 アジアフォーカス・福岡国際映画祭(5)『恋の街、テヘラン』
http://mikki-eigazanmai.seesaa.net/archives/20190921-1.html
9月22日 アジアフォーカス・福岡国際映画祭(6)『シヴァランジャニとふたりの女』
http://mikki-eigazanmai.seesaa.net/archives/20190922-1.html
9月23日「笑い」に見捨てられた男の物語 10月4日日米同時公開『ジョーカー』
http://mikki-eigazanmai.seesaa.net/archives/20190923-1.html
9月24日 『アド・アストラ』名古屋109シネマズにて
http://mikki-eigazanmai.seesaa.net/archives/20190924-1.html
9月25日 名古屋試写3作品『マチネの終わりに』『天才たちの頭の中 世界を面白くする107のヒント』『IT/イット THE END “それ”が見えたら、終わり。』少しずつ
http://mikki-eigazanmai.seesaa.net/archives/20190925-1.html
9月26日 セカイイチオイシイ水〜マロンパティの涙〜』
http://mikki-eigazanmai.seesaa.net/archives/20190926-1.html
9月27日 9月27日公開映画(1)『任侠学園』『ホテル・ムンバイ』
http://mikki-eigazanmai.seesaa.net/archives/20190927-1.html
9月28日 9月27日公開映画(2)500本目『ライリー・ノース 復讐の女神』『ハミングバード・プロジェクト 0.001秒の男たち』
http://mikki-eigazanmai.seesaa.net/archives/20190928-1.html
9月29日 意外な言葉は一つもなかった 10月12日公開『天才たちの頭の中 世界を面白くする107のヒミツ』
http://mikki-eigazanmai.seesaa.net/archives/20190929-1.html
2019年9月のブログ・リスト
posted by ミッキー at 05:24| Comment(0) | ブログ・リスト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年09月29日

意外な言葉は一つもなかったが…10月12日公開『天才たちの頭の中 世界を面白くする107のヒント』

🎬『天才たちの頭の中 世界を面白くする107のヒント』ハーマン・ヴァスケ監督/ドイツ/88分/10月12日より新宿武蔵野館他にて全国順次ロードショー公開

99384373-EB44-4351-A1F7-4C7ABDC1CC05.jpeg

たくさんの分野の才能プラス有名人たちがわんさか出ていらっしゃる。

突撃取材でやっと口を開いてもらったり、何を聞くんじゃ?と憮然とされたり、反対にじっくり話されて編集に困ったり(多分ね)と多種多様の才能の持ち主たち。(きっと、カットされている人物もいたはず。そっちの方が観たいとも思うが)

印象に残るのは2人。一番はおなくなりになったジャンヌ・モローさん。でも「あ、ジャンヌ・モローさんだ、おなくなりになっているのに」と思っている間に終わってしまって何をおっしゃったか覚えていない。もう一度みたい30秒。

そして短いけど2回も出たウィレム・デフォーさん。彼は「役に没頭している時が一番前向きでいられる。とくにギョロ目コンプレックスを忘れさせてくれるよ」と笑って答えていて、お人柄がにじみ出ていた。11月公開の『永遠の門 ゴッホの見た未来』が待ち遠しい。
posted by ミッキー at 04:10| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年09月28日

9月27日公開映画(2) 500本目『ライリー・ノース 復讐の女神』『ハミングバード・プロジェクト 0.001秒の男たち』

🎬『ライリー・ノース 復讐の女神』ピエール・モレル監督/アメリカ、香港/102分///名古屋109シネマズにて

普通のママ・ライリー・ノース(ジェニファー・ガーナー)は夫クリス(ジェフ・ヘフナー)と小さい娘の誕生日を遊園地で楽しく過ごしていた。

3人でアイスクリームを食べていてママが手がべたべたになるからとアイスクリーム屋に戻り手拭きをもらって振り向くと、夫と娘はギャングの思い違いから、目の前で撃たれて死んでしまった。ライリーも銃弾を受けて病院に運ばれた。

この時、ライリーはしっかり犯人3人を見ていて、警官に伝えたり面通しをしたりして訴えたが、ライリーの証言は過去の精神不安定などを言い訳にして3人は不起訴になった。その判決が不満で裁判所で大暴れしたので精神病院に送られてしまう。

792C796D-F680-4D1A-8EAF-9ED908708A4B.jpeg

原題はペパーミント。ペパーミントのチョコレートも紅茶も大好きなミッキーにふさわしい500本目。だけど偶然だ。

普通のママさんが5年の月日をかけて訓練してリベンジする。手始めは裁判で不起訴になった男3人を観覧車に逆さ釣りするのだ。女手一つでやれることか?不起訴にした裁判所の裁判官も椅子に縛り付けて遠隔操作で屋敷ごと木っ端微塵。まあこれはやれそうだが……。

これも、あれも見事に殺って行くが、どうみたって「無理」と思う場面が多かった。

ミッキーの頭の中は「これは映画、これは映画」とおもいながら見終わったが、最後の場面で「次もあるのか?」と感じた。続くなら「もっとすごいアイアンレディになるのか」と恐ろしくなった。


🎬『ハミングバード・プロジェクト 0.001秒の男たち』キム・グエン監督/アメリカ/111分

ヴィンセント(ジェシー・アイゼンバーグ)と従兄弟のプログラマー・アントン(アレキサンダー・スカルスガルド)は、高速で株の売買をする高頻度取引で年間500億円以上の利益を得ようと、カンザス州のデータセンターからニューヨーク証券取引所まで約1,600キロを直線の光回線でつなぐことを思いつくが……。

7AF3DE2D-A363-4DFC-B2A0-38910EE2E486.png

「高頻度取引」の細かい仕組みはわからないが、シリアスなことながら一軒一軒「すぐ埋めるから庭を掘らせてくれ」と頭を下げてお金を包んで頼んで回るのだ。今にしてみれば光ケーブル速度はもっと速いが当時はすごい革新的な事業だったのか、そのへんもよくわからない。

この2人はこのプロジェクトをやっている時、幸せだったのだろうか。もしのんびり生きていたら病気にならずにすんだのだろうに…と、あまりにも壮大なプロジェクトで我が身に引き寄せられなかった。
posted by ミッキー at 09:17| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする