2019年08月28日

Netflix「サバハ」

🎬「サバハ」チャン・ジェヒョン監督/韓国/123分

1999年、江原道の寒村・寧越で双子の女の子が生まれた。早く生まれた姉は異様な状態で生まれ,、育つことはないと思われていた。妹は母体の中で姉に足の一部を食べられて傷ついて生まれた。

だが二人とも今も生き続けている。姉は無残な状態で家人も見たがらず納屋のような小屋に閉じ込められて育ち、妹のグムファは足に傷がのこっているが普通に育った。

双子が生まれてすぐに母親は病死、父親は自殺。グムファは祖父母と暮らしている。納屋の小窓からいつも食事を届けるのはグムファの仕事だ。

一方、宗教問題研究所のパク所長(イ・ジョンジュ)は、偽宗教の問題に取り組んでいる。今は「鹿野苑」を調べていて、助手のヨセフを信者として潜入させて探りをいれていた。

彼の報告では、多額なお金も寄付を強要しなくて、反対にいろんなところに寄付までしているという。だがパク所長は鹿野苑の裏に何かあると直感して友人の僧侶ヘアンに相談するが・・・。


おどろおどろしい宗教ホラー‼

「ミッキーさんにぴったりの作品です」とネットフィリックスは時々通知がくるし、途中で映画を中断すると次回はそこから見せてくれる。月900円以下なので毎月2本はみたいと頑張っている。

これを選んだのはチャン・ジェヒョン監督の前作のカン・ドンウォンとキム・ユンソク主演の『プリースト 悪魔を葬る者』が気に入った作品だったのと、主役がイ・ジョンジュだから。青年から中年の入り口にかかった年齢だが、上品なお顔だちが好きだ。 そして高僧に田中泯さんが出ているということで迷わず「サバハ」を選んだ。サバハの意味はキリスト教でいうアーメンのことらしい。

双子の出産や納屋で過ごしている姉の映像がぞくっとする怖さ。どうしてこうなるのかなと思う点も最後に「納得」させてくれるので、これ以上はかけないが、内容も深く、うまく出来ている作品。

監督さんの宗教関連の前作『プリースト〜』も是非DVDでご覧いただきたい。
posted by ミッキー at 10:02| Comment(0) | DVD Netflix | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする