2019年08月05日

東京映画三昧デー(1)試写『今さら言えない小さなひみつ』『お料理帖 〜息子に遺す記憶のレシピ〜』少しずつ

昨日1日たっぷり伊豆で休養した。今日から10日土曜日のコミケ(西地区・えー30b)まで「東京映画三昧デー」だ。

明日から始まる(5日〜7日)無料のイラン大使館主催のイラン映画祭もある。5作品観る予定。http://cineja3filmfestival.seesaa.net/article/468296533.html

🎬『今さら言えない小さなひみつ』ピエール・ゴドー監督/フランス/9月にシネスイッチ銀座にて全国順次公開

村一番の自転車修理工は自転車に乗れない!というお話。原作はフランスの絵本作家ジャン=ジャック・サンペの作品。

主演は今公開中の『シンク・オア・スイム イチかバチか俺たちの夢』 に出てくる「事業に失敗し自己嫌悪に陥るマルキュス」を演じるブノワ・ポールヴールドさん。もう、こと方のちょっと情けないお顔は絶品。軽いコメディ風味とプロバンスの村の風景で楽しませてくれた。


🎬『お料理帖〜息子に遺す記憶のレシピ〜』キム・ソンホ監督/韓国/9月にアップリンク渋谷、吉祥寺にて公開

image.jpg

女手ひとつで韓国総菜屋をずっと続けて2人の子を育てて来た母・エラン(イ・ジュシル)。しかし、息子のギュヒョン(イ・ジョンヒョク)は非常勤講師であまり収入がなく妻の稼ぎでやっと生活している状態。そんな情けない息子に小言ばかり言ってしまい、息子からうるさがられていた。そんなある日、しっかり者で料理上手なエランに認知症の症状が出始めて……。

監督さんは『犬どろぼう完全計画』の キム・ソンホ。

主演のお2人の俳優さんは今まで脇で活躍していた方。母親には過去の人生の悔い、息子は母親から「愛されていない」のでは、と思っていて関係が希薄になっていた。

だが、母親が認知症施設に入ってから見つけた料理手帖を見て、母親の過去、自分や孫への愛情を知っていく……。

韓国映画にしては薄味の作品でパンチがないなぁと思って観ていたが、最後にヤラレタ‼︎






posted by ミッキー at 01:45| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする