2019年07月19日

『月夜釜合戦』

昨日は川口の映画祭から新宿に夜8時ごろついて、レイトで何かないか調べるためにシネマカリテに寄った。

カリコレの9時からの『アストラル・アブノーマル鈴木さん』は大野大輔監督トークつき。案の定ソルドアウトで、明日(今日)夕方の『フローズン・ブレイク』と9時からのレイト『ダーティ・ガイズパリ風俗街潜入捜査線』を買った。

で、帰ろうと思ったが、iPadで調べたら8時過ぎ上映の『月夜釜合戦』が新宿ケイズシネマでやっているのを見つけて観に行った。川口で3本で食事休憩の後だから眠くなるか心配だったが、目が冴える作品だった。

image.jpg

観て外に出たら 大・大雨、水煙が上がっていた。20分くらいコーヒー屋さんで雨宿りして小雨状態のところをぬれながら帰った。


🎬『月夜釜合戦』佐藤零郎監督/115分/新宿k's cinemaにて

日本最大の「寄せ場」釜ヶ崎(西成・あいりん地区)。日雇労働者、芸人、私娼や孤児など市民社会からはじき出された者たちが、この街に暮らしてきた。そんな街が、再開発の下で今失われつつある。

全編16フィルムで「通称・釜ヶ崎」が浮かび上がるとなんとも言えない郷愁を感じた。 毎年行く大阪アジアン映画祭で、泊まるところが2300円ぐらいの新今宮駅そばの安宿だから、見たようなところが映ってないかしっかり見たが全然映ってない。もっとコアなところだろうか、いつも目印にしている通天閣が遠くに映っていた。

⭐️題名は「月夜の晩に釜を抜かれる」という諺で、月夜の晩は明るいから盗まれる心配はないと思ってうっかりしていると、釜を盗まれてしまうという意味。
⭐️渋川清彦さんも顔負けの「寄せ場の人たち」が普通の佇まいで日常を見せてくれた。
⭐️どうして通称「釜ヶ崎」と名がついたという台詞に「米を炊く釜が一番大切だから、何よりもカマガサキの意味(一番気に入った❗️)。オカマがいたから。昔、ここらは海辺で塩を煮る釜があったから、等々諸説ある。
posted by ミッキー at 12:07| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする