2019年07月13日

第28回 レインボー・リール東京(1)『マリオ』

いよいよ夏の映画祭のはじまり。この「レインボー・リール東京」続きで「SKIPシティ国際Dシネマ映画祭」が真夏の映画祭りで、続く「あいち国際女性映画祭」が残暑の映画祭と「夏」映画祭のはじまりだ。

オープニングのセレモニーはお馴染みのブルボンヌさん。黒地に花模様のロングドレスでご登場。今回はM代表が転勤のために欠席されて副代表のI青年が代わりに挨拶された。誠実で落ち着いた方だった。

ゲストに「プライドハウス」東京代表・松中権氏、元ドイツ2部リーグ所属の女子サッカー選手・下山田志帆さんが登場されて、オープニング作品『マリオ』の感想やご自身の関わられている仕事のお話をしてくださった。M代表がいらっしゃらないのは寂しいがお仕事なら仕方ない。

さあ、いよいよ『マリオ』が始まった。


🎬『マリオ』マルセル・ギスラー/スイス/119分

スイス・BSCヤングボーイズでトップチームへの昇格を目指し頑張っているマリオ(マックス・フーバッヒャー)。そのチームにドイツからストライカーのレオン(アーロン・アルタラス)が移籍してくる。

クラブからの指示で、レオンの面倒をみるために二人は同室になり、ツートップとして息の合った試合をするが、ある夜、ふいに一線を越えてしまう。間もなく、二人の親密な関係の噂がチームに広がり、マリオは決断を迫られることになって……。

マリオ役・マックス・フーバッヒャーさんは『小さな独裁者』の主役、レオン役・アーロン・アルタラスさんは『ヒトラーを欺いた黄色い星』で、16歳の少年オイゲン・フリーデ(活動家の家に匿われ、ヒトラー青少年団の制服を着て身元を偽り、反ナチスのビラ作りに協力する)を演じている。


映画はサッカーチームの中での物語だが、サッカー場面3で2人の恋愛が7の割合。

主演お二人はドイツで若手俳優。セックスシーンは◎、だけどもお身体のつくりはスポーツマンのそれではない。

それに気になったのが食事場面。スポーツやって、それもトップレベルなら食べ物のこだわりがあって当然だが、そんな場面は普通より簡単に映していた。

恋人、婚約者のふりをする幼なじみの女性も登場するが、マリオの気持ちも彼女の気持ちもちょっと理解できなかった。

そうかと言ってつまらないわけではなく、いつ見つかるのかとひやひやしながら観入ってしまった。

⭐️映画が終わったら、出口には転勤先から駆けつけてくださったM代表がニコニコ顔で見送ってくださった。
posted by ミッキー at 10:36| Comment(0) | 映画祭・映画関連催し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする