2019年07月07日

「花開くコリア・アニメーション2019+アジア」in名古屋 『半島で生きたい〜演技派おやじの奮闘記〜』『フェルーザの夢とともに』その他

東京、大阪と開催された「花開くコリア・アニメーション2019+アジア」がいよいよ昨日から名古屋で開催された。10年目になったこの催しも回を重ねるごとに観客数も増えてきている。特に今年は3年ぶりの長編アニメも上映された。


🎬『半島で生きたい〜演技派おやじの奮闘記〜』イ・ヨンソン監督/85分

ひそかに俳優になる夢を抱いて生きるオ・ジュングは、大学で演劇学科の非常勤講師をしている。家族は妻と子どもが2人の4人家族。満足いく暮らしではないがどうにか暮らしていた。

そんな時、昔の友人が「君にぴったりの役があるんだけど、後押しするからオーディションを受けてみないか」と嬉しい電話がかかって来た。大学は非常勤なので時間の融通がつくので、やっと自分にもチャンスが回ってきたと大喜び。

ところがもう一つ、大学の教授のスキャンダルなアクシデントに遭遇してしまい、彼にはそんなつもりは毛頭なかったが「後任にあなたを推薦するから内緒にしてくれ」と頼み込まれる。

二つのチャンスの前で迷いに迷って選択するが……。

非常勤とはいえ大学の先生、だが「お人好しの不甲斐ないおじさん」という感じで、韓国俳優さんならオ・ダルスさんの雰囲気。演技の授業も独演会みたいで「力」がはいっていて、生徒たちからの評判もまあまあだ。

彼の人生に於ける「嬉しい」2つの選択肢に、時を同じくして、家庭内で「嬉しくない」出来事が起こって自分だけで決めれない状態になっていく。それをあえて無視して「役者になりたい」と突き進むには、ちょっと歳をとりすぎたなぁと思わずにはいられなかった。


🎬『フェルーザの夢とともに』キム・イェヨン、キム・ヨングン監督/24分

2013年、アニメーション監督のキム・イェヨン、キム・ヨングン夫妻は、1年半もの長い間、世界をまわる新婚旅行の途中で、エチオピアの村で思いがけず韓国語で喋りかけて来た少女フェルーザと出会った。彼女の家は民宿を経営していて、そこの長女14歳のフェルーザだった。

韓国語は、韓国ドラマ『花より男子』で、イ・ミンホのファンになった彼女は韓国語を独学でマスター。しかし、中学卒業後、見知らぬ男性のもとに嫁ぐ運命だった。もっと勉強したいというフェルーザの夢をかなえるため、キム夫妻は旅行日程を延ばして、彼女の夢を手助けをする。

1年半も新婚旅行するなんて素敵❗️ そんな若いご夫婦が名古屋会場に。スライドを映しながら、その後のフェルーザのことも教えてくれた。今は土地の大学に通っていて、このフィルム上映の時に2回も韓国に来ている。それもこれも、この若い夫婦の助力があったからだ。

短い映像(実写とアニメが半々)だったが深い感動を覚えた。

★短編より

短編「Sigh of Sighs」キム・ボソン監督/約6分

漢江に漂着したまま、放置され腐っていくクジラ。だが誰も気に留めず、犬や鳥たちだけがクジラの周りをうろつく。
上空からカメラを回しているような描き方で、モノクロの中の描写が微に入り細に入りの的確さとシュールさが合わさって見惚れてしまった。まるでドローン映像を見ているようだった。

短編「妹」ソン・スーチー中国、アメリカ/約8分

1990年代の中国。男はわがままな妹と育った幼いころの記憶を思い出している。が、もし「妹」いたら……と想像をしているのだ。

男は母親が妊娠したが第二子を産めない決まりで中絶を余儀なくされた。女の子とわかってその子がもし産まれていたらと思い巡らしている。
起承転結がしっかりしていて思いがけないオチ、それとひとりっ子政策の国情が描けていた。ミッキーが見た中ではナンバー1。

短編「海まで5分」ナタリア・ミルゾヤン監督/ロシア/7分20秒

母親が娘に「唇が真っ青よ、また泳ぐなら5分間は休んでね」と言われて仕方なく時計を眺めながら浜辺に寝そべる少女。
浜辺のようすが「幸せの5分」に集約されていて、静かな中にあわあわとした絵柄で楽しませてくれた。
posted by ミッキー at 10:24| Comment(0) | 映画祭・映画関連催し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする