2019年06月21日

6月21日公開映画『ジョナサン ふたつの顔の男』

🎬『ジョナサン ふたつの顔の男』ビル・オリバー監督/アメリカ/95分/TOHOシネマズ名古屋ベイシティにて


内向的な青年ジョナサン(アンセル・エルゴート)は、毎朝7時に起き、ランニングをした後、パートで設計技師の仕事へ行く。帰ってくると1人で食事を取り、毎夜7時までに就寝する。その規則正しい生活は同じように繰り返されてた。

彼は、一つの身体に二つの人格を備えていて、もう1つの人格はジョナサンと正反対な性格の明るくて友だちもいるジョンだ。

彼らは、ナリマン博士(パトリシア・クラークソン)の手により、脳内にタイマーを埋め込まれていて、きっちり12時間でふたりが切り替わるように設定されていた。


奇想天外なストーリーが気になってTOHOシネマズ名古屋ベイシティの初日初回に行った。お客はミッキーを入れて4名。

朝7時から夜7時がジョナサン。夜7時から朝7時までがジョン。他人が不思議に思わないようにビデオで今日誰にあった、仕事はフルタイムで働かないかと言われた、バーで酒を飲んだ、ピザの配達人にすれ違った……などこと細かく報告し合っていた。

そういえばノオミ・ラパス主演で七つ子をひとり7役で演じた映画『セブン・シスターズ』よりは、こっちは2人だからなんとかうまくいきそうだと思っていたがそう簡単な話ではなかった。

2人でも「7時からや7時まで」の1分間は重なるがお互いは会っていない。相手とのやりとりはビデオ画像のみで、それが真実か嘘かはわからないし、疑ればきりがない。疑心暗鬼になって私立探偵雇った場面もあった。うまく書けないが観る人を選ぶ作品だと感じた。

⭐️性格の違う二役の演じたアンセル・エルゴート出ずっぱりで俳優としていろんな面で大きく成長した作品だったはずだ。

🎬『家族にサルーテ!イスキア島は大騒動』ガブリエル・ムッチーノ監督、脚本/イタリア/107分

世界屈指で美しい景観を誇るイタリア・イスキア島に暮らすピエトロ(イヴァノ・マレスコッティ)とアルバ(ステファニア・サンドレッリ)夫妻の結婚50周年を祝うため、親戚一同、19名が集まった。

教会で金婚式をあげたあと、自宅でパーティーを開いて、久しぶりに再会したファミリーは楽しいひと時を過ごしていた。帰る時間が差し迫ってきた頃、不運にも天候が悪くなってフェリーが欠航になってしまった。思いがけなく泊まることになったファミリーたちは……。

親戚付き合いは疲れる。お愛想笑いも澄まし顔も12時間が最大限度! じゃない? それにいくら自分たちの結婚50周年でも、長男の「前妻とお年頃の娘、今妻と幼い息子」両方招くなどとんでもない年寄り夫婦だ!

と、怒ってみてもはじまらない。こうなれば徹底的に腹抱えて顎が外れるぐらい笑える「喜劇」にしてほしかった。


posted by ミッキー at 13:02| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする