2019年06月18日

『絶望の怪物』大須シネマにて

今日は8月公開のカトリーヌ・パイエ監督のフランス映画『北の果ての小さな村で』の試写を観た。数週間前に東京試写でも観たので2回目だ。

極寒のグリーンランド東部の村、人口80人のチニッキラークに教師として赴任して来た30歳目前の男・アンダース(アンダース・ヴィーデゴーご本人)の一年間の様子を描いている。

出てくる方はみんな「ご本人」というリアルとフィクションが入りまじった作風で、2回目のほうが深く感銘を受けた。


🎬『絶望の怪物』コタニジュンヤ監督、脚本、絵コンテ、演出、作画、美術、着彩、撮影、編集、音響、アニメーション制作、プロデューサー/30分/大須シネマにて


ある日、中学生の星野葵(アオイ)は自分と家族が醜い宇宙人の怪物だと知る。彼女と弟の雄太(ユウタ)はそのことを知らないまま育った。

家族は定期的に薬剤を摂取して人間の姿を保っていて、それが切れるのは個体差があって葵が一番早い間隔で摂取しなければならなかった。

このことを知る前は、夢にも自分が宇宙人とは思いもしなく、好きな同級生から告白されて有頂天になっていたのだ。


コタニ監督さんは1人で何役もやっていて驚く。簡単明快なストーリーではあったが30分の小品を精一杯、監督の納得いく手作業で作り上げていった熱意が感じられた。

⭐️大須シネマの椅子が合わなかった。ちょうど背もたれに頭が来るところにけっこう大きな ふくらみがあって具合が悪かった。ここは長時間は無理な座り心地だ。

posted by ミッキー at 18:54| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする