2019年06月08日

6月7日公開映画 (2)『町田くんの世界』『クローゼットに閉じこめられた僕の奇想天外な旅』

🎬『町田くんの世界』石井裕也監督/120分

町田くん(細田佳央太)は16歳。超真面目で地味なメガネの高校生だ。でも優等生でも、スポーツ得意でもない。おまけに要領も悪い上に今どき珍しく携帯をもっていない……という希少高校生だ。

そんな彼の得意技?は「人を愛する才能」だけはずば抜けていた。


細田佳央太くん、ぴったりのキャラクター。「この時代の子か?」「ひょっとして30年前からタイムワープしてきた子かな」と思えるぐらいだ。

でも彼の無垢な性格でいろんな人から「忘れていた優しい心」を引き出していく。

現実には、こんな子がいたら、きっとひどいイジメにあって、不登校、ひきこもりになっている現在だからこそ、この作品の持つ町田くんの行動は観逃せない。


🎬『クローゼットに閉じこめられた僕の奇想天外な旅』ケン・スコット監督/フランス、アメリカ、ベルギー、シンガポール、インド/96分

インド・ムンバイで幼い時から路上で大道芸をしていたアジャ(ダヌーシュ)は母の死をきっかけに憧れのインテリアショップがあるパリへとやって来た。

憧れのインテリアショップにふらっとやってきた彼は、そこで出会った買い物客の美しいアメリカ人女性マリー(エリン・モリアーティ)に一目惚れ。お互いに気持ちが通じて次の日にデートの約束をした。

来たばかりの彼は泊まるところもないので、その家具屋にあるクローゼットに入って一晩過ごすことにしたが……。

image.jpg

この作品の原作者ロマン・プエルトラスさんのお話から始めよう。原作は「IKEAのタンスに閉じこめられたサドゥの奇想天外な旅」(小学館文庫)で、彼はいくつもの人生を送りたいと決意して、たくさんの国々をまわり、作曲家、語学教師、客室乗務員、ディスクジョッキー、手品師、管制官、国際警察警部補等々を経験。

30ヵ国以上の国で出版されている。また、この映画では脚本にも参加している。

一緒に旅して、国々の景色を垣間見て、音楽を聴いて、あわよくば恋をして……と想像をかきたてる作品に仕上がっていて、元気が出ること請け合う❗️

posted by ミッキー at 10:53| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする