2019年06月06日

『誰もがそれを知っている』ヒューマントラストシネマ有楽町にて

昨日、東中野娘が急に「えぇ〜、まさかぁ〜」とスマホを見ながら奇声をあげた。 蒼井優ちゃんが山里というお笑いの人と結婚したというネットニュースだった。

山里氏のことはミッキーはどんな方かもわからない。しかし優ちゃんは『花とアリス』で大好きになった女優さん。花が鈴木杏でアリスが優ちゃん。紙コップをガムテープでトウシューズにしてバレエを踊るシーンはもう15年前だが忘れられない。

旦那様になる方は美男には程遠い感じ(失礼)だが、じゃがいも系で優ちゃんの女優道を応援してくれそうだ。お幸せに。


🎬『誰もがそれを知っている』ファルハディ監督/スペイン、フランス、イタリア/133分/ヒューマントラストシネマ有楽町にて

アルゼンチンに暮らしているラウラ(ペネロペ・クルス)は、妹の結婚式のため故郷スペインに2人の子を連れて帰省。夫は仕事のために一緒に来られなかったが、親戚やワイン業を営む幼なじみのパコ(ハビエル・バルデム)たちと久しぶりに再会した。

妹の結婚式後のパーティーでラウラの娘イレーネが気分が悪くなって寝室に1人寝ていたところ、いつの間にか行方がわからなくなった。そのうち犯人から身代金を要求するメッセージが携帯に届く。

ラウラの夫(リカルド・ダリン)もアルゼンチンから駆けつけるが、親戚や家族で長年隠されていたことが次第にあらわになってきて……。


『別離』『セールスマン』の監督さん。この2作品ではアカデミー外国語映画賞を受賞している。

この作品もドラマ性とサスペンスがミックスされた作品だったが、誘拐事件のあっけない展開は、この村に新たな「誰もがそれを知っている」話が一つ追加されただけ。ラウラの持つ秘密も驚くほどのことはなく、映画的にはよくある話。

見どころは、始まりの教会の自動鐘つき装置シーンは秀逸。

この小さな村にも貧富の差、移民労働者への差別、土地所有に関しての昔からの因縁など「表」の部分のほうが荒々しく正直に描かれていたが、表題である隠された「裏」部分の描き方がほぼ想定内だった。



posted by ミッキー at 07:41| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする