2019年05月20日

Netflix 『タイニーハウス 〜大きなアメリカの極端に小さな家〜』

Netflixに相変わらず夢中だが、観たいと思うのはシリーズもので4時間から10時間の長いものが多い。そこが困る点で試写をサボるようにもなった。だからシリーズものでも一回ごと内容に区切りのあるものを探した。

それがネットフィリックスオリジナル・ドキュメンタリー『タイニーハウス 〜大きなアメリカの極端に小さな家〜』シリーズだ。

image.jpg

タイニーハウスの意味は極小の家で、ほとんどが6畳が2つ分か3つ分で多くても2人住まい。それ専門の大工・ザック・ギフィンと司会をする俳優?さんで工事の手助けもするジョン・ウェイスバースさんの名コンビ。

彼らはまず注文主の要望を全部聞き出して、今まですんでいたお部屋も下見して、顧客と話し合いながら進めていくのだが、とにかく顧客さんは欲張りだから見ていて「なんて図々しい人たち」と呆れてしまう。

日本は外国からみれば公団アパートの2DKぐらいを「ウサギ小屋」とよんでいるが、そこで12年住んだ経験を持つミッキーはいろんな工夫をしていたことと通じることがあった。工夫の数々は日本の方にとっても必見だと思う。

まだ最後まで見ていないが、l是非ともご覧いただきたい。

⭐️その中で実家の庭にタイニーハウスを建ててご満悦のアメリカ娘っこは、いらん物は数10メートル離れた実家というのには😡ムカムカした!
posted by ミッキー at 10:52| Comment(0) | DVD Netflix | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする