2019年05月25日

5月25日公開『パリの家族たち』

🎬『パリの家族たち』マリー=カスティーユ・マンシオン=シャール監督/フランス/103分


もうすぐ母の日のフランス・パリ。高い支持率を得ている女性大統領アンヌ(オドレイ・フルーロ)は、夫の助けを受けて政務にはげんでいるが赤ん坊も気になり疲れ切っていた。

ジャーナリストのダフネ(クロチルド・クロ)は2人の子どもを持つシングルマザーで仕事優先していたので、自分よりベビーシッターのテレーズ(カルメン・マウラ)になついている。

ダフネの妹で大学教授のナタリー(オリヴィア・コート)は、独身で教え子と恋愛中。世間の母親たちに疑問を感じていて、母の日をテーマに講義をする。

母ジャクリーヌ(マリー=クリスティーヌ・バロー)との関係が原因でトラウマを抱える小児科医イザベル(パスカル・アルビロ)は、養子をもらうことも考えていた。

母の認知症が進み、イザベルは妹のダフネとナタリー共々、介護のことで頭を悩ましている。三姉妹はそれぞれ幼い頃に母から受けた仕打ちが心の傷となっていた。

一方、病身の舞台女優のアリアン(ニコール・ガルシア)は、残された人生を充実させたいと思っているが、心配する息子が行動を制限してくるのが悩み。

息子の将来のために娼婦をして仕送りをする中国女性。

恋人スタンの子を妊娠した花屋のココ(ノエミ・メルラン)は電話出てくれない彼に苛立っている。同じ花屋で働くジャックは、亡き母の思い出とともに生きている。


マリー=カスティーユ・マンシオン=シャール監督がパリで働く女性たちとその家族の「母」をテーマにした群像劇。

こんなにたくさんでは頭が混乱して、あぁ、こうだったのかなぁ〜と最後に思った時はパズルがビシッとはまれば気持ちいいが、それがそうは行かない。消化不良になってしまった。お疲れの時は追いついていけないからご注意を。

それにしても、中国女性を娼婦にして、お名前もつけず俳優名も探してもわからないなんてひどいと思う(もし間違えだったらごめんなさいだけど)彼女がスカイプで幼い息子に話しかける様子だけ、鮮明に覚えている。
posted by ミッキー at 07:26| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年05月24日

ご冥福をお祈りいたします 『続 青い山脈』

杉葉子さんがおなくなりになった。中央線沿線の24時間コンセルジュ付きの豪華な施設で過ごされていた。

2016年10月21日に偶然にもお会いすることができた。その時の日記を。

今日はS宅でスタッフが集まって編集をしていたら、突然『青い山脈』の杉葉子さんが立ち寄ってくださった。Sさんとは長年の友人でケーキを差し入れしてくださった。

もうすぐ88歳の誕生日と言われたが、私たちはただ拍手とおめでとうございますと言うだけで、反対にケーキまでいただいた。

背筋がすっとまっすぐに伸びておられて、お美しさは格別だった。それにもまして日本語の美しさが自然に身に付いておられた。真似しようにも真似できない美しい佇まいにうたれた貴重なひとときだった。


🎬『続 青い山脈』今井正監督/83分/1949年/2015年 岐阜ロイヤル劇場にて


海沿いの町の女学校の生徒寺沢新子 (杉葉子)は、偶然知り合った高校生の六助(池部良)と二人でいるところを見られてしまった。新子は男性名で偽のラブレターをもらうが、その差出人は同じクラスの女生徒たちだった。

彼女の担任の島崎先生(原節子)は、偽の手紙を書いた生徒を厳しく叱るが、そのことで生徒の反感をかい、事件が町中に広まり、島崎先生を辞めさせようという強行な意見も飛び出してしまう。

『続 青い山脈』の始まりは、『青い山脈』の部分を少し入れてあるので、これだけ観ても楽しめた。今、これをみるとさすがに「昔はこうだったよね」と古く感じるが、「今はそんなのこと全然ない。男女平等!」と言えるか?と問えば、今も似たようなこともある。

特に印象的だったのは、女優さんの美しさだ。好みからいくと、まず艶やかな小暮実千代さん。明るいお声と伸び伸びとした肢体の杉葉子さん。たおやかな原節子さん…美しい。

それぞれに心に秘めた恋があるが、芸者・梅太郎を演じる小暮実千代が想いを告げられず、黙って諦めてしまう様子に切なさとはがゆさを感じた。

♪青い山脈の歌のように、明るい青春映画と思い込んでいたので、本当に岐阜まで来て、この作品を観に来てよかった。
posted by ミッキー at 02:40| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年05月23日

DVD「雨の訪問者」

DVD「雨の訪問者」ルネ・クレマン監督/フランス/120分/1970年

マルセイユにほど近い海岸べりに住む若妻メリー(マルレーヌ・ジョベール)は、バスから降りてくるグレイのコートに赤いバッグをさげた男を目にする。

その日は町の洋服屋に、明日友人の結婚式に着る白い洋服を取りに行った時も、着替え中の姿を店の外から見ている男を見て、日に2回も遭遇した見知らぬ男に不気味なものを感じた。そしてその夜、飛行機パイロットの夫トニー(ガブリエレ・ティンティ)が不在の時に、メリーはその男に襲われた。彼女は、銃で男を殺し、証拠を焼き捨て死体は海に投げ捨てた。

翌日、友人の結婚式で、メリーはドブスというアメリカ人(チャールズ・ブロンソン)から「なぜあの男を殺した」といきなり聞かれて……。


いつもシネマジャーナルのサイトをお世話くださっているY氏から、DVD「アナザー」のミッキーのブログを読んでくださり、同じ原作者セバスチャン・ジャプリゾで映画化されているのを教えていただいた。それが「雨の訪問者」だ。

チャールズ・ブロンソンといえば笑える思い出がある。4歳下の妹が「彼氏はチャールズ・ブロンソンに似てるんだ」と言っていたので楽しみにしていたら、現れたのは建設会社の現場監督だった。色黒のところだけ似ていた。まあ、その人と結婚したからあまり大きな声では言えない。

さて映画の始まりはミッキー好みのサスペンス。このままどんな展開が待っているのかドキドキした。音楽も◎で、当時流行った楽器エレクトーンの音色だった。

わからんのがブロンソンの役柄。敵か味方かわからない。けっこうメリーに暴力をふるうし、寝ているところに毛布をかけたりして優しくもする。惚れちゃったのかと思うが、そうでもないような……。

メリーは女癖の悪い夫で、生活費も言わないとくれないような(お金がもうないわと鏡に口紅で書いていた)男でも愛していたのが驚き。まあ、片田舎の世間知らずの若妻ならそうかな。

⭐️メリーはよく見ると美人、よく見るとソバカスだらけ、それもチャーミングだ。でも結婚式に友人で白い洋服はご法度じゃない?
⭐️途中、話がこんがらがるが、それもそのはず……おっと書けるのはここまで。
posted by ミッキー at 19:10| Comment(0) | DVD | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする