2019年05月28日

感想をいただきました 『リング』『リング2』から『貞子』へ by ねんねこ


「小学生の男の子がさぁ、家族で伊豆のペンションに泊まったんだって。その子さぁ、みんなと遊びたいんだけどぉ、東京でいつも観てる番組も観逃したくなくってぇ、ペンションにあったデッキで予約録画したんだって。でもあっちって東京とチャンネルが違うでしょ。そのチャンネル、空きチャンネルだったからなんにも映るはずないわけ。それが、家に帰って観たらぁ、いきなり女の人が映って…」
1998年公開の映画『リング』は、佐藤仁美さん演ずる女子高校生倉橋雅美のこのセリフで幕を開けました。
雅美と友人の大石智子(まだちょっとあどけない竹内結子さん!)によるこの映画冒頭シーンは、今あらためて観直しても緩急を活かした見事な演出で、一気に恐怖の世界に引きずり込みます。
'80年代から数々の多彩な映画を観ていたねんねこですけど、実はいくつかパスしていたジャンルがありました。その中のひとつがホラー(オカルト)映画でした。恐いからじゃありません。何観ても恐くなかったからです。名高い『エクソシスト』も『オーメン』も、ジェイソンやらフレディやらが暴れるシリーズも、古典とも言える日本の怪談映画もその様式美には感嘆するものの、恐いとは全く思わなかったんですね。恐怖映画は恐くなかったら面白いわけありませんから、観たい映画のたまたまの併映作でもなければもう観なくなっていきました。
そんな中、松嶋菜々子さんや真田広之さん、佐藤浩市さんなど好きな俳優さんが出ているという理由で、『リング』『らせん』の恐怖映画二本立てを観たのでした。
そして出くわしたのが、この『リング』冒頭シーンです。このシーンだけに留まらず、全編が本当によく計算された恐怖演出で、その積み重ねを経ての終盤のあのシーンでしたから、もう公開終了間際で小さめの劇場に降りていたけど、満員の観客全員が息を呑んで凍りついているのを感じました。
あの時の ゙恐怖の快感″が忘れられず、それ以来ホラー映画も積極的に観るようになりましたが、この『リング』『らせん』の大ヒットを受けて以降量産された「Jホラーシリーズ」含め、あれほどの快感には未だほぼ出逢えていません。

原作小説『リング』の続編が『らせん』であり、映画も共通キャストの二本立てで公開されましたが、映画『らせん』は人気深夜ドラマ『NIGHT HEAD』で知られる飯田譲治氏の脚本・監督による、ちょっと異質な作品で、続編というより ゙番外編″といった方が相応しい位置付けの映画だと思います。
映画『リング』の文字通りの続編として、翌99年に公開されたのが『リング2』です。DVDに収録されていた予告編によると、『リング』ラストの一週間後から始まっているようです。
前作で、貞子の呪いの最初の犠牲者の一人となった大石智子の死の現場(瞬間?)を目撃してしてしまったためにオカシくなってしまった倉橋雅美は入院しており、その病院に勤める少々奇人の川尻医師(まだ髪の多い小日向文世さん。やっぱり声は高い)が、彼女を使って呪いの謎に挑んだりします。見所にして一番恐かったのは、貞子に呪い殺された人の中でおそらく最も凄まじい死に顔を見せた深田恭子さんでしょう。公開当時にパンフレットか何かで読んだのですが、あの顔は作り物などではなく、本人がちゃんと自分の顔で演じたそうです。すでにアイドルとして絶大な人気だったことを考えると「よくぞやったものだ!」と、その女優魂とそれを許したホリプロの意気に感心します!

さて今や、ゴジラ、寅さんに次いで日本映画界の生んだキャラクターとしては3番目くらいに有名なんじゃないか?と思われる貞子ですが、初登場以降20年の間に、前段にあたる『リング0/バースデイ』、ハリウッド版『ザ・リング』、『貞子3D』などなど数々の「貞子シリーズ」が生み出され、果ては『貞子vs伽椰子』なんて代物まで登場。あっちへ行ったり、ゆるキャラっぽくなっちゃったり、ナンでもありみたいな印象でした。

しかし、現在公開中の『貞子』こそ、じっくりと腰を据えて観ていただきたい。なぜなら、これこそ『リング』〜『リング2』からの正統な続編と言えるからです。
オリジナル監督である中田秀夫氏が本国の『リング』シリーズに久々の登板となり、原点に立ち返ります。現実の時の流れと同じく、『リング』『リング2』から20年後という明確な時代設定。
そして何と言ってもこの人の存在抜きにこの映画は語れません!前二作で倉橋雅美を演じた佐藤仁美さんが、その同じ人物の20年後の姿を見せてくれるのです!
映画ファンの方なら、演ずる役によって体型までも変えてしまう ゙デ・ニーロ アプローチ″という演技プランをご存知でしょう。欧米のみならず、我が国でも旧くは三國連太郎さんや船越英二さん、近年なら松田優作さん、現在でも鈴木亮平さんらがそのような役づくりをしています。
が、我らが佐藤仁美さんは役に関係なく太ったり痩せたりするという、一味違う女優さんです。朝ドラ『ひよっこ』レギュラー放送時の丸々とした体型からどのように変身した姿を見せてくれるのでしょうか!?お楽しみに!

ねんねこ世代の人なら、自分もあの『リング』『リング2』から20年の時を経て『貞子』と向き合うことになりますが、お若い方やまだ起点の『リング』を観ていない方は、是非とも『リング』『リング2』をレンタルしてきて先に観てください。そして中一日くらい置いて、その間に自分の中で20年間熟成させてから劇場へお出かけくださると宜しいかと思われます。 - 了 -
posted by ミッキー at 21:30| Comment(0) | 感想をいただきました | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年05月27日

『リトル・フォレスト 春夏秋冬』『ガルヴェストン』ヒューマントラストシネマ渋谷にて

🎬『リトル・フォレスト 春夏秋冬』イム・スルレ監督/韓国/103分

教員試験に落ちて傷心のヘウォン(キム・テリ)は、故郷にふらっと戻ってきた。つき合っていた彼は試験に受かっていたのもショックだった。

故郷の家は母親が出奔したので空き家になっていて、近くに住む伯母さんが時々見回ってくれている。その伯母さんにもすぐソウルに帰るからと思って黙っていた。だが家の煙突から煙が上がっているのを見られて心配して駆け込んで来た。

幼なじみのジェハ(リュ・ジュンヨル)やウンスク(チン・ギジュ)にもすぐ見つけられた。

会社員だったジェハ青年は「自分が選ぶことの出来る」人生を生きたいと故郷に戻って果樹園を自営していて、ウンスクは気心が知れた姉妹のような関係だが、ヘヴォンと反対で都会に出たいと思っていた。

ヘヴォンは母親が作ってくれた料理を思い出しながら作り、時々立ち寄ってくれる二人に振る舞うという日々が続いて……。


あいち国際女性映画祭常連のイム・スルレ監督の新作。橋本愛主演の2作品も素敵だったが、春夏秋冬を103分でまとめあげたイム・スルレ監督の作品の方に軍配をあげたい。

キム・テリさんもリュ・ジュンヨル(『タクシー運転手 約束は海を越えて』に出ていた学生さん)も美男美女ではないが好感が持てた。

話は四季折々の素朴な料理以外に、特に事件らしい事など起こらず、恋愛模様もない。でも 観終わった時には幸せな気分にひたれた。

⭐️出番は少ないが、へウォンの母親にムン・ソリさん❗️ 存在感のある女優さんだ。


🎬『ガルヴェストン』メラニー・ロラン監督/アメリカ/98分

若い時からヒットマンとして裏社会で生きてきたロイ(ベン・フォスター)は、咳がよく出るのでボスの勧めで病院へ行くが自分の肺のレントゲン写真を見せられて、もう余命のないことを感じ取った彼は診察中に医師の制止を振り切って帰ってきた。

ある日、ボスの命令でいつもの「仕事」に向かったが何者かに襲われる。先のない自分を組織が始末したがっていると直感した彼は、相手を撃ち殺し、偶然、その場に囚われていた若い女(エル・ファニング)を連れて逃げた。逃げる時にひと束になっていた秘密書類を持って……。


『イングロリアス・バスターズ』のメラニー・ロランさんが監督だ。数年前にドキュメンタリーで『Tomorrow - パーマネントライフを探して』という世界の経済や政治が行き詰まっている中で若者たちの取り組みを多方面で見せてくれた。

そして、この『ガルヴェストン』。少女の生い立ち、ロイの男気、立ち寄ったガルヴェストンの安モーテルで出会った人々、それらが自然な形で物語を紡いでいる。

前作のパーマネントライフを見たときは、メラニー・ロランさんってお利口さんだなぁと思ったが、この新作を観て絶句した。ただ者ではない、ただ者でないのは有名女優さんだからわかっているが、それ以上の「映画の神様を味方につけた」ほどの力量を見た❗️

⭐️ガルヴェストンを調べてみたらハリケーンがよく起こる地域だった。この映画の最初と最後はハリケーンシーンだった。
posted by ミッキー at 22:10| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年05月26日

リンク上のヌレエフと呼ばれた男 5月31日公開『氷上の王、ジョン・カリー』

🎬『氷上の王、ジョン・カリー』ジェイムス・エルスキン監督/イギリス/89分/5月31日より新宿ピカデリー、アップリンク渋谷他にて全国順次ロードショー公開

アイススケートを芸術の域にまで上げた伝説のスケーターのジョン・カリーは1949年9月9日、イギリス・バーミンガムで生まれた。人並みはずれた身体能力や個性的な振付で1971年と1973年〜1976年までの間、全英チャンピオンに輝いた。

バレエの要素を取り入れた演技で1976年のインスブルック冬季五輪フィギュアスケート男子シングルの金メダルを獲得した。だが、マスコミが真っ先に伝えたのは彼の同性愛のことだった。


氷上の演技シーンをたっぷり魅せてもらった。素晴らしいの一言。今ではもっともっと高度な技術が出ているし、これをやると得点が上がるとかいわれる得点第一主義になっているが、「芸術の高みと安心して見ていられる」のは、この人以外にいないと思う。

年齢もミッキーと2、3年違うが同年代と言っていいだろうがこの映画を観るまで全く知らなかった。同性愛についても当時の理解度は無に等しいものだと思うが、常に堂々としている姿に目を見張った。

今、トップレベルで活躍する振り付け師の大部分の方がジョン・カリーの影響を受けているといわれていて、浅田真央さんの振り付けを手掛けていたローリー・ニコル氏も19歳からカリー率いるカンパニーに入っていた。真央さんの芸術性も頷ける。
posted by ミッキー at 11:04| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする