2019年04月19日

4月19日公開(1)『映画クレヨンしんちゃん 新婚旅行ハリケーン〜失われたひろし〜』『僕たちのラストステージ』

そろそろ出かける時には日傘がいる日差しになった。一つ荷物が増えるが、今年は何本日傘を忘れて紛失するか……とちょっと心配😟。最近の忘れ物は傘、上着、帽子。傘以外は途中で気付いたがぼんやりもうっかりも日常茶飯事になってしまうのが怖いこの頃だ。

🎬『映画クレヨンしんちゃん 新婚旅行ハリケーン 〜失われたひろし〜』橋本昌和監督/100分/名古屋109シネマズにて

ひろしとみさえはお金がなくて新婚旅行に行っていなかったので、家族(ワンちゃんまで連れて行く?!)で参加ができるオーストラリア激安新婚旅行ツアーに行くことにした。
幸せな新婚旅行となるはずだったのだが、オーストラリアに到着してまもなくパパ・ひろしがコアラの列車にさらわれてしまう。しんのすけたちは、ひろしを奪い返すためトレジャーハンターたちとともに秘境に入って行く。

初日初回は大人ばかり(それも年配の方)4名。テンポは早いけど、これくらいなら付いていける。ギャグも満載でクスッと笑えた。最後は一家の絆が深まるというお話は見えているがこれはこれでいいと😄楽しんだ。


🎬『僕たちのラストステージ』ジョン・S・ベアード監督/イギリス、カナダ、アメリカ/98分

1937年。スタン・ローレル(スティーヴ・クーガン)とオリバー・ハーディ(ジョン・C・ライリー)のお笑いコンビ「ローレル&ハーディ」はハリウッド・コメディ界の頂点に君臨していた。だが、それから15年が経過した1953年には、彼らは過去の人となっていた。

お粗末なホテルで大きな荷物を自分で持って階段をえっちらおっちらとあげなければならないほど落ちぶれてしまったが、努力したおかげで次第にファンを取り戻していく。


試写室の明かりが憎たらしいぐらいに早くついたので涙をふくまもなかった。

同じ時代に活躍したチャップリンやバスター・キートンはお馴染みだったが「ローレルとバーディ」はほとんど知らなかった。昔の喜劇映画でおかしな2人を観た記憶があるぐらいだ。

ステージのシーン、舞台裏の様子、奥様同士の皮肉合戦、ご本人たちのいざこざが辛口ユーモアと悲哀を持って描かれていた。最後のエンドロールで実際のお二人の映像を見たら涙が溢れて来た。

⭐️老若男女(中学生以上なら)問わずの名作映画を是非ともGWにごらんいただきたい。
posted by ミッキー at 11:03| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする